面接とは違う、病院見学に履歴書は必要か?3つの解決策

「病院見学に履歴書が必要かどうか迷ったりしませんか?」

「いやいや、病院見学なんだから履歴書は必要ないでしょ?」

「病院見学だって後々の採用に関わるだから採用者に履歴書を渡すのが礼儀じゃないの?とか思ったりしちゃうんですよね。」

病院見学をしたいのですがmensetsu_mensetsukan
経歴を詳しく聞かれたり
履歴書を持ってきなさいと言われたり
果てはこれは面接なんじゃないかと思うような
事を言われたりすることはありませんか?

まだ看護師求人のリサーチ段階であったりすると
『そんなことまでこの段階できかれるの?』
『そこまで自分の情報を開示したくないんだけどな・・・』
『結局、軽く病院のなかをみたいだけだったのに、いきなり面接みたいになってる・・・』
『病院見学に履歴書が必要なの???』

ということにもなりかねません。

病院見学大きく分かれる2つの事例

病院によって病院見学を希望するものに
どこまで事前情報を求めるかに差があります

例えば

病院見学を希望するということを病院の総務課に電話したところ
すぐに担当者に電話をつないでくれ
特段、いろいろ聞かれることもなく時間だけを決め

とても気軽に
「病院内を見学していいですよ。」

と対応してくれる病院があると思えば・・・

  • 年齢
  • 経験年数
  • 希望の部署
  • 連絡先

履歴書・・・

以前働いていた病院名に病棟・・・・dai_byouin2

自分の個人情報や経歴をわしく聞いてくれるところもあります

以前働いていた病院名まで明かすのは少し気兼ねするのではないでしょうか。

例えば下記のようなことです。

病院見学をしたい看護師求職者としては
病院の雰囲気や忙しさ、人間関係が良いのか働きやすいのか
とりあえず表面的なところをチェックしたいだけという場合もあります。

病院見学の前に経歴や履歴書を用意しなければならない理由

「気軽に見て見に来てください」syorui_yomu_woman
という病院がある一方で
個人情報から経歴希望の部署までしっかりと事前に聞いてくる病院は背景に下記のような理由があります。

人事担当者や総務課の人が
病院見学をしたいという希望者がいたときに
見学者がどの部署を希望して病院見学来るのかしっかりと管理し、
その上で看護部長に報告したいのです。

またいろいろと聞いてくる病院は病院見学や面接で
遠方から何度も足を運んでもらうと申し訳ないという気遣いであったりもします。

一方反対に、気軽に来てほしいという病院は、一見アットホームな感じがしますが管理が大雑把という見方もできます。

病院見学なのに、面接になってしまわない様にする3つの解決策

そうとは言えこちらとしても
『病院見学するだけで今回は大丈夫。』
と思っている場合は

やはり過去の経歴や希望の部署などは伏せておきたいものです。

このような場合はどのように答えればいいのでしょうか。

病院見学が希望で面接までは。。。とはっきり伝える

まず心証を悪くしない範囲で
今回の目的はあくまで見学のみをしたいことを伝え
経歴や希望部署をまだはっきりと伝えたくないことを
丁寧に断りその上で病院見学ができないか問い合わせてみましょう。

その理由としては、
他の病院を含め、検討中であることを伝えるのも大切です。

面接のためにもう一度あしを運ぶのは苦ではないと伝える

また先述しましたが、

もう一度足を運ばせたりするのに気を使っている病院や担当者がいたりしますので、

「また足を運ぶのは問題ありません」と

病院見学だけを希望していることを強調するのも良いと思います。

同時並行で他の病院と面談を進めている事を伝える

もしどうしても面談じみたことになってしまいましたら、
他の病院も並行して面接を進めていると話しておくことで、
のちのち辞退をすることを告げるのに気持ちとして楽になります。

まとめ

病院見学の目的と面接の目的はdenwa_keitai_woman
お互いやりとりをする情報の目的が違います。

病院見学はその時点では、
その病院を希望するか決断をしていない状態です。

ほかでも面接を進めていると話しておく

履歴書を渡す、経歴を伝えるなど、

言いたくない部分や開示できないところははっきりと断る

個人情報の開示のレベルを自分の希望い合わせ、
病院側の配慮にも丁寧に扱う事が求められます。

病院側にこちらの心象を悪く伝わる可能性もあるので、
心配になりますが、
しっかりとしたコミュニケーションでやんわりと伝える事が重要です。

病院見学時の服装などについてはこちらでも紹介しています。

看護師の面接採用担当者は何を考えてる?本当の目的とは

採用担当者が何を考えているかを知ることができたら、いいですよね。

「面接の時には何をアピールしたらいいかわからない」
「どんな自分の経験を話せばいいのかわからない」
「受かりやすい人が話してることとは・・・」
「そんな疑問が重なるち不安になってしまいますよね。」fukidashi_tensyoku_woman

特に面接の時なると緊張度が上がるので
話したい事も話せなくなってしまうかもしれません。

そこであなたは事前準備をするとおもいます。

看護師の採用担当者が何を考えているかわかればとってもいいのに。。。

コレに対しては
「採用担当者が最も重要とする目的はなんだろう・・・?」
ということから紐解いていくとうまくいきます。

看護師採用担当者の頭の中、採用の真の目的とは・・

『ここで考えたいのが採用担当者がそもそも人材募集をかけて人を採用する』

理由をや目的は何でしょうか?
これを採用担当者が採用の際に
「失敗したっ!!!」と思う時のことを考えてみましょう。

採用担当者は

・採用した社員がすぐに退職してしまったり
・採用した看護師が期待通りの働きをしてくれなかったり
・せっかく雇った看護師が結局やる気もなく仕事への文句や不平ばかり言って・・・

こういう状態が一番人材採用者が「失敗したっ!!!」
と思って悩む点です。

どの病院や企業も好き好んでこんな状況作っているわけではありませんがsyukatsu_mensetsu
これらは多くの採用担当者がよく直面する問題です。
「履歴書や経験スキルや資格は申し分ない状況だと判断したのに」
「面接した時は本当にいい感じの人だったのに」

『なんでこんなんなってしまったんだろう』という感じです。

このように失敗をして、
人材を採用してしまったという経験が採用担当者にはあります。
つまり実際に働いてみてもらった後
に期待と違う働き方後になるとその間のギャップにね悩みます。

”これが採用担当者の悩みです。”
採用する側も半ばいい人が来てくれるといいなと
運に頼るところもありますが、
当然失敗をを出来る限り回避しようと、
面接時には将来どのように働いてくれるかという見込みを立てます。

採用担当者はいい人が来てくれないと思っている人はとても食います
人材の採用がなぜかうまくいかない
採用者と面接を受けるものがミスマッチになっている状態です

 

このミスマッチが働き始めた看護師がすぐ辞めてしまう理由です

働き始めても気持ちが乗らず仕事にも身が入りません。

そして結果的にこの面接や人材の採用というのは失敗に終わった

そもそもなぜ人材を採用するのかというところに一度戻ってみましょう。

 

人材を採用する目的は一体何でしょうか?
人手不足を補充するため?
欠員補充?

これらも目的の一つであるには変わりありません
しかし人材を採用する。真の目的は自分の病院や費用に見合った看護師を採用しその寛子氏とともに病院を成長させることです。

これは新卒採用であろうか中途採用であろうが同じことです。

逆にこの真の目的を忘れてとりあえず人数だけを確保しとけばいいという意識で採用担当者が考えると失敗するのです。

この失敗をしないために採用担当者は人の注意を払います。

採用担当者が考えそうな内容を箇条書きにしていく

このような背景があるので面接を受ける看護師が準備することは

「自社に合う人材を採用し会社を継続的に成長させる」人材とはどんな人と考えているかがポイントになります。

継続性と病院の成長に関わるポイントを見極めるには

  • どんな人が働いているのか
  • 病院経営の理念は
  • 募集ページには何を重点的にアピールされているのか
  • 過去にどんな人が採用されたか

といった点を出来るだけ箇条書きにしてまとめることです。

頭の中で想像するのも良いですが、

  • 求人広告
  • 転職エージェントに意識した質問をする
  • 実際の病院訪れ、行っている間もします表情や患者さんの評判も聞いてみる
  • 病院のホームページにあれっている理念を確認する
  • 口コミをインターネットおよび知っている人がいれば聞いてみる

といった、情報から拾ってくるのも良いでしょう。

不安な面接にしっかりとした準備をして、自分に合った職場で働く

magnifier2_nurse働いている間に何も不満もなく完璧な職場というのおそらく見つかりません。
ただ自分にできる限りある合っている職場を探すということは非常に大切です。

そしてその病院や職場に出来るだけ受かりたいものです。

気持ちよく働き、
『辞めたいまた転職したい・・・』
という気持ちにならない自分の将来を
設計するためには採用担当者の目的を理解し
それに対する答えを整理するということが有効です。

看護師の面接、自己アピールのポイント

  看護師 x 面接 x 自己アピール ⇒ 過去 + 今 + 未来

mensetu

看護部長さんや人事担当が看護師の面接をすると多くの人が自分のアピールをしないそうです。日本人特有の謙虚さというものを意識する事は悪くないことですが、今まで学んできた看護やこれからやていきたい看護の話を面接でする事は面接官にとっても是非きいておきたい重要な情報です。

しかし殆どの求職者が、待遇面や給与、休暇といったシステム的な話ばかりになってしまいます。自分が今まで学んできた看護が次の職場で全く通用しない可能性がが心配になり、アピールするには少し気がひけてしまうかもしれません。

しかしそれでは他の求職者と横並びになってしまい面接官もどの求職者を選んでいいのかわかりません。また自分の全く希望しない看護の方向性を選んでしまっている可能性に事前に確認することもできません。

自己アピールの整理の方法

それでは自己アピールとはどの様に整理すればいいかと言いますと、

  1. どんな看護をしてきたか ⇒ 過去
  2. どんな看護ができるか ⇒ 今
  3. どんな看護をしていきたいか ⇒ 未来

という3つの流れにのって自分の経験やキャリアを整理していくのがいいでしょう。これは大きく分けます『過去』『今』『未来』と置き換える事ができます。

もちろん自己アピールは就職活動の採否にマイナスに働く事もあるとは思いますが、長い目でみた場合に自分にとって居心地の良くない場所を選ぶ事にもなりかねません。出来る限りにお互いの情報を共有することも大切です。