美容外科クリニックと病棟看護師勤務のギャップ

  病棟勤務 x 看護師 ≠ 美容クリニック勤務 x 看護師

biyougeka

同じ国家資格を持つ看護師としての仕事ですが、病棟勤務と美容外科等のクリニック勤務とではかなりの差がありそのギャップに驚くという人も少なくありません。そのギャップとは具体的にどの様な点に」あるのでしょうか。

  • 美容外科で扱う医療機器の操作方法を覚える
  • 治療内容や費用に関しての電話対応相談
  • きれいになるためのオススメ法やサービスの紹介業務

当然ですが、美容クリニックで扱う医療機器は健常者が対象となる美容に関する機器ばかりで病棟勤務の頃の機器知識とは別にまた新しい知識を一から覚える必要があります。まずクリニック勤務に入るとこの操作方法等を覚える事から始まる事が多い様です。

次に美容に関する知識と機器の操作方法、サービス内容や費用に関する知識やスキルが付いてくると同時に病棟勤務では中々対応することがない電話対応をすることになります。治療内容や費用に対する相談や、予約の受付や変更等です。

美容クリニックによってはセールス活動が業務に入る

またそのクリニックによっては『さらにきれいになるためのサービス勧誘』をしなくてはならないという職場も少なくありません。このオススメ、つまり『勧誘』をしなくてはいけないかという点も人によって抵抗がある最大のポイントかもしれません。

病棟勤務ではセールス等の行為が必要とされるという事が殆ど無い受け身の看護サービスなのに対し、美容外科クリニックによってはそこにノルマがあったりという勤務場所もあります。積極的にサービスを紹介したりする能動的な業務が有ることがあります。その辺はチェックしておくべき一つの項目かもしれません。

病棟勤務 ≠ 美容クリニック勤務

転職をするという時に考えなくはならない事に給与や勤務地、また夜勤がない、残業がない等の時間やお金の条件があることは確かでもあります。しかしもう一つ考えたいのがやりがいの部分です。

看護師に何故なったのかという点に関しましては人それぞれだと思いますが、病気や怪我で苦しんでいるという人を少しでも…という想いが原点になているという方も少なくないと思います。

同じ看護師という職業ですが、2つの勤務地では患者さんとのコミュニケーション内容が全く違う形になります。日々元気になっていく事を応援する職業か、美容に関する『きれいになる』事を応援する職業かという点でもやりがいがある方を選択する事が大事なのかもしれません。

20代看護師と30代看護師の職場や求人選びの判断基準の違い

20代と30代の職場選びの違いについておおまかにご紹介します。あくまでこの様な人が多いという感じでとらえてください。

20代の頃はどちらかと言うと『これがしたい!』といった衝動的な希望で職場を選ぶという人が多い様です。やりがいがあり、それを吸収する体力や、経験値を積みたいという欲求も高いのでそのような考え方を中心に職場選びをするようです。

しかしそれが30代になるとそれが体力的な部分を考慮して、自分が出来る範囲で力をだせるといった病院や働き場所を求める人が多い様です。

一人の患者さんに向き合う時間なども職場によってかなりの差があります。スピードや忙しさとともにもっとゆっくりとしたところで看護をしたいという気持ちもこの時の忙しさからでてくるのかもしれません。

将来ゆっくり働くことができるスキルを養うという意味でもどちらがいいとはいいきれません。

年齢とともに忙し職場で体を壊すといった経験や子育てや結婚といった人生のイベントも入ってきますのでその辺も考慮して職場を選び始めるということでしょう。その時々での経験で考え方が変わっていくので少し先の年齢になった時のことを見据えて職場選びをするというのも一つのチェックポイントかもしれません。

公開求人と非公開求人の違いとは?

pc

公開求人

  • 誰もが情報を閲覧できる
  • 人気の求人情報は応募倍率が上がる
  • 雇用者側が求人募集を公示していることが今の勤務者に情報が伝わる可能性もあり
  • 様々な人が応募してくるので、面接等を多くしなくてはならない

 

非公開求人

  • 求人サイト等のの提案によって情報を知る事ができる
  • 募集が調整できるので倍率が低め
  • 雇用者は求人情報をある程度秘密にできる
  • 雇用者はマッチした求職者と面接しやすい

 

求人サイトでよく見かける非公開求人。特に非公開求人多数との誘い文句が多いのですが実際非公開求人とはどの様なものなのでしょうか。

非公開求人とはその名の通り非公開なわけであります、何が非公開かといいますと転職サイト等で目にする検索で表に出てこない求人の事です。つまり転職サイトや求人サイトに登録してからエージェント等に紹介してもらえる求人の事です。

ここで勘違いしてはいけない事は『非公開求人=質の良い求人』ということではないということです。かといって逆に公開求人が質の良い求人というわけでもありません。求人がいいか悪いかはその都度判断せざるを得ない状況です。

非公開になる事情

病院や事業者側としては求人を集めてくれる人材紹介会社も重宝しますが、逆に条件に見合わない募集が多くくることやなんらかの理由で求人を公示したくないという状況もあります。例えば雇用条件等が公になるわけですから、今そこの働いているという人も求人を目にすることができる状況になってしまいます。

またリストラ等の人員入れ替えを暗に進めているのであれば尚更転職エージェントに非公開求人で進めてもらいたいと思うはずです。

かといって非公開求人の割合もかなりの数がありますので、公開求人だけで求人を探すというのもあまりオススメとは言いがたい状況です。できれば公開求人と非公開求人を合わせて情報収集をしてさらにその中から自分に合う求人を探すという事に越したことはありません。

 

公開非公開どちらを中心に探すべきか

非公開にする理由は雇用者にあります。公開されている求人案件がいいのか非公開がいいのかというのは、どちらとも言えない事から、最終的に自分合った求人案件の話を進めれば良いというスタンスで自分で探せる求人案件(公開求人)と求人サイト等の担当者から紹介される求人案件(非公開求人)を同時に進める事がポイントとなります。