看護師在職中、妊娠した時は

  看護師 x 妊娠 ⇒ 報告 + 仕事の軽減 + 復職のプラン

ninshin

上司への報告の時期

妊娠が確認できたらできるかぎり早く上司への報告をすることが一番です。変に心配させたり業務への支障がでるのではと後回しにすると、何かと不都合が起きやすい可能性がでてきます。

兎にも角にも、上司への妊娠報告は可能な限り早くが原則です。妊娠してからの時間が経過体調が崩れやすく胎児の状態も不安定な時期に入っても行きます。早めに報告することにより周囲、同僚の協力や配慮を得やすくなり精神的にも無理なく仕事に取り組みやすくなります。

残業や夜勤をしなければならないか

残業や夜勤が辛いという状態が発生してくることが予想されるので、早めに相談することも大切です。基本的には労働基準法により時間外労働や休日労働、深夜業の免除を請求することが認めらりれています。また負担の少ない仕事へと配置転換を希望することもできます。

こういった措置が取れるのも撮ってもらえるのも早めに職場へ妊娠報告をしてあるからこそです。ぎりぎりで体調不良を訴えてから対応してもらうのではなく、無理のない時間を作る事もポイントとなります。

報告したら、産休制度はなく退職?

子育てや出産に理解の無い職場で勤務をしていますと、妊娠した時点で退職を促されるということもあるかもしれません。しかし、出産を理由に解雇することは法律により認められていません。ハローワークなど監督官庁に相談してみることで法律との基準の兼ね合いもわかります。

ただ実際には産休制度が整備されていない事業所かあるのも現実です。色々と自分で結論を出した結果、もし退職を考えているのであれば自己都合ではなく会社都合にしてもらえるよう相談してみることも後々重要となります。それは何故かと言いますと、退職金や失業手当などの条件が良くなる可能性があるからです。

看護師の妊娠や出産の上司への報告相談の方法

  上司に報告する前に決めておく3つの事項 ⇒ 出産後 + 産休 + 育休
  • 出産後もこの職場で働くか辞めるか
  • 産休はいつかとるか
  • 育休はいつからいつまでとる予定か

育休

妊娠をしたら上司に報告をしますが、その前に少し考えておくべきこ3つのことがあります。それは上記の3項目で、まずは職場を辞めるかどうかといった事です。もし一度辞職をするということが決まっていればそれを軸に話を進めていけばいいわけです。

しかし辞めずに職場復帰をするという予定があるという場合は報告と相談する前に決めておくべき事があります。それは産休と育休の予定です。希望通りにいくかは別として報告を受けた上司はその後の職場環境の事を考えなくてはなりませんのこの様な事を質問される可能性は高いといえるでしょう。

夫婦で事前に話し合っておく

上記の様な返答は夫婦でも予め話し合っておくのが無難です。とりあえず仕事は続ける方向なのか、育休はとるのかといったことから育児休業給付金がどの程度支給されてといった事も考慮に育休期間等を決めるといいでしょう。

また近くに自分の母親が子育てを手伝ってくれるといった場合でも仕事を続ける事ができる理由となったり、プランが少し変わってきたりします。報告した時に今後の事を全て話してくれという流れにはならないかもしれませんが、その場の空気に流されて頷いてしまいますと何かと問題になるとも限りません。

少なくとも出産後に引き続き働くのか、産休はいつなのか、育休はどの程度とる予定なのかといったところの希望を用意しておいた方がいいでしょう。

きれいに辞める、転職先の病院で噂が立たないように注意

病院を辞める理由はそれぞれだと思います。しかし辞め方が『きれい』か『ドロドロ』してしまうかは2つに分かれるところです。特にネガティブな理由で辞めるという時は注意が必要です。

face_r18_c2

その理由は病院同士がどこでつながっているかわからないからです。知らないところで病院同士がつながっていて変な辞め方をしてしまったのが後悔ということにもなりかねません。とは言うものの、人間関係なんかが問題であったり、我慢の限界が来てどうしょうもなくて辞めたという場合もあると思います。

きれい辞める方法

きれい辞めるのはネガティブな理由が転職理由になっているという場合、当然中々うまくいきません。一番良いのは先を見据えてもうだめだなと覚悟を決めた時点で早めに行動に移す事です。

いきなり辞めるというのは転職理由が例えポジティブであったとしても、現場に迷惑がかかってしまうからです。例えば、妊娠の報告が遅れて体調が悪くなってどうしようもなく辞めるといったケースも、『妊娠』という理由は本来ポジティブですが報告がギリギリになりますと波風が立ちます。

face_r34_c4

次の転職先を見つけるにも、今の職場を辞めるにも早めのスケジュールがポイントととしては一番でしょう。

結局きれい辞める事ができなかったら

わざと距離を置いた病院での勤務先を探すというのも一つの方法ですが、病院同士で噂が広まっているかもしれないからと自分に合った病院の候補さえも優先順位をさげてしまうのはさらに気分が悪いものです。

なのでもしきれいに辞めることができずに来てしまったという人は気にしないに越したことはありません。次に同じような環境に置かれるというのは縁起でもありませんが、できる限り同じ失敗を繰り返さないと気をつけるのみで『人の噂も75日』と腹をくくって過ごすに越したことはありません。