子持ちのママさん看護師は残業が少ない託児所つきの看護師求人はどこに?

託児所併設の看護師求人子持ち看護師の悩みは残業と子どもの急な体調変化

子持ちのママさん看護師の小さい子供を持っているお母さんが看護師としてパートをはじめるに当たり考えなくちゃいけないのは、保育園などがお休みの時に誰が子供をみるかです。

『子どもの体調が悪くなってしまったので、すぐに迎えにいきたい・・・』とおもったり

『残業できないか言われたら、、、断らなきゃな・・・』

そんな悩みがでてきます・・・
もし親や親族などの誰かと同居していて世話をする人がいれば何の問題もなく好きな病院やクリニック、職場に応募できると思います。
しかしながら、自分しかみる人がいない場合看護師として働くにあたり難しいケースも少なくありません。

というのも看護師というのは、同じ時間に勤務する人数やシフトが職場によって決められているので誰かが休むと誰かがカバーしなければなりません。

自分が休む時に代わりの人がすぐに見つかるのか、子どもが病気になった場合すぐに早退できるのかという過程と仕事の調整をどの様にスムーズに行うかが長くパートを続ける上で重要な点にもなります。

そんなあなたが、見つけなければいけない看護師求人とは。。。

子持ちの看護師には困る残業量

kangoshizottoまた、残業が多いのか少ないのかも確認しなければなりません。保育園のお迎えがあるのに残業があると困ります。このような点で子持ちのパートさんがとりにくい職場も多いでしょう。
このような子持ちのパートさんにお勧めの看護師が働ける職場や病院を探すのは簡単ではありません。

看護師職はある意味、接客系のお仕事という側面が強く、
お客様と向き合うのでなかなか早退や欠勤が難しい事がおおきな理由のひとつです。

このような子持ちの看護師さんにお勧めの職場は託児所が備わっている病院やクリニックの看護師求人です。

子育てと両立させて長く続けられそうなお仕事ならたとえ賃金が安くても応募してみるべきだと思います。

ころころ職を変える人よりも1つの職場で長く勤めている人間のほうが履歴書上の印象はよいので、パートからいずれは契約職員なりステップアップを図るという手段もあります。

託児所つきの看護師求人の注意点

tokeiただ託児所が併設されている看護師求人を選べばいいかと言いますとそうゆうわけでもありません。

例えば

制限がきつい職場では、本人の勤務時間外は預かれない求人

というところや

夜勤明け余裕をとりゆっくりとできる様に、と延長して預かってもらえる看護師求人

はたまた

時間に関係なく24時間の託児所を併設して、子育てと仕事の両立を支援している看護師求人

もあります。

ひとことに託児所といってもどの様な環境か、制限はどの位かといったところにも気を使って看護師求人を選ぶといいでしょう。

看護師と夢のかけもち、キャリア設計はやはり大事

バンド活動と看護師のかけもち

一般的に生活がしていける職業、または花が開くまで時間がかかる職業と様々だと思います。その中でも看護師という職業は比較的需要もあり、収入もある程度安定していると言えるでしょう。

そんな環境の中看護師以外の夢をかけもって仕事をしているという人も少なからずいます。ただその夢がゆくゆく叶えば良いのですが、途中で夢やぶれてしまった時の計画を見越して看護師といしてのキャリアを探していくことも大切です。

35歳からの看護師就職

かなり異色な経験談になってしまいますが、看護師とバンド活動そしてプロになるという夢を両立させていたAさんの体験談です。

kangoshizotto東京から関西(兵庫県岡山県、県境地域)へ引越し、就職活動を開始した頃の話です。

35歳になり、東京に居た頃はバンドや劇団に明け暮れたものの、夢は破れて、ちゃんと働こうと正社員で仕事を探してみました。

自分の職歴を振り返ってみると医療機器の企業コールセンターばかりで働いていて、知識やスキルは限られた範囲でしか育っていませんでした。

未経験者可とかスキル不問と書かれた看護師求人へ履歴書を何社も送ってみましたがいずれも不採用でした。

思い悩みなぜ不採用になるのか友人に相談してみました。友人からこう言われた言葉はこうでした。

「未経験者やスキルのない人でもいいよってところは、若い子を雇いたいんちゃうかな。

正職員で若い子を育てて一人前にするまでに時間がかかるし、

35歳を過ぎて現場経験が皆無の人を雇う奇特な会社ってあるんやろか。」

「それと病院以外の場所を転々としているのも、印象がよくないんちゃうかな。

正職員で雇いたい病院や企業は、その人に長く働いてもらいたいと思ってるで。

ひとつの職場で長く働けへん人は、自分の会社でも長く働いてもらえへんと思ってるんちゃうかな。」

この話を期に、職務経歴書の書き方を工夫するようになりました。

自分の経験を整理して伝える職務経歴書

看護師以外の夢を持つこと、一方で生活を保つ事。両立させる事は簡単ではありません。

しかし企業からすれば、未経験者を一から育てるのはやはり時間がかかり、さらに年齢が上がるにつれ教育がし難くなるデメリットもあります。

看護師として過ごす時間管理は子育てをするときにもとても重要になります。そして長年のスキルの構築は財産でもあります。そのスキルやキャリアをどれだけわかりやすく伝える事ができるのかという点で職務経歴書を工夫する努力も必要でしょう。

子持ちで就職する看護師のお悩み解決のポイント

  子供の体調不良時やお迎え ⇒ 周囲の理解 + 託児所との距離

子持ちで就職となるとその悩みも多く子持ちで看護師を続けるときの一番の悩みは『子供の急な発熱等の体調不良』です。どうしても職場で働いているとイレギュラーの早退や欠勤となってしまいます。周囲に迷惑をかけてしまうという負い目から退職してしまう人もいます。

子育て

  子育て子持ちにやさしい制度がある病院を探してみる

一般的にはまだまだ子育てや子持ちで仕事を続けることに関しましては制度が整っているとはいえません。子育てをしたことがない人にとっては特にその働きにくさがわかり辛く、子育て中は働くべきではないという厳しい意見を持つ職務者が中にいてもおかしくはありません。

そんな中でも病院によっては短時間正職員制度託児所や保育室を備えた病院もあります。特に夜勤などを含む3交替制の病院などにこも『院内保育』を備えているところも多いようです。

また、子育てに関してどの程度の職場での共通理解が得られているかという質問を面接で行うのも一つの方法です。看護師さんの離職率や定着をより効果的にするためにこの様な取り組みに力を意識的に入れているという病院も探すことで見つけることができます。

病院が行っている子育て支援制度としては以下の様な種類があります。

病院

  • 育児休業制度
  • 短時間勤務制度
  • フレックスタイム制度
  • 始業・就業時間の繰り上げ・繰り下げ
  • 所定外労働の免除
  • 事業所内託児施設
  • 育児に要する経費の援助措置

 

 

  子育てと仕事を両立させる病院内での働き方

前述しましたが、子育てと仕事の一番の問題点は急な子供の体調不良と残業やシフトが組みにくくなるという点。

その様な状況で一番失敗しやすい働き方の一つとしては、周囲にギブする前にテイクをもとめてしまうことです。『発熱や体調不良、お迎えは仕方がない事強力してもらうのが当たり前』と考えてしまい、周囲から反感を買いそのままどんどん両立が難しくなるというケースです。

少し大変かもしれませんが、日ごろからいざというときに協力してもらえる様な環境作りが大切です。例えば日頃はなるべく休まない様にし、他の勤務者が休みを希望している時は進んで代わりに出勤するという様なことです。

協力

テイクを先にしておくことで理解を得やすくなりますし、周囲もその様な時には進んで協力したくなるというものです。何も子供がいてもいなくても実践したい習慣でもありますので、入職後は是非試してみてください。