看護師求人の待遇、損をしない為に重要な2つのこと

sagasu例えば、ハローワークでは有給ありと説明を受けたのに
いざ入社すると病気になっても有給が取れない!なんて話もよくあるので
面接で落とされるかもと思っていても、堂々と質問しづらいところですがこの辺はしっかりと質問をしたい項目です。

そして自分の希望通りの待遇の職場があれば万々歳ですが中々自分の希望に完璧に合った待遇でないとこも多く、結局職場が決まらなかったりします。

どうしても希望している職種しか探したくないのであれば希望の待遇が見つかるまで探すしかありません。もしくは希望を下げて我慢するという選択肢もあります。
最初が肝心でここだけは外せないと思う事は前もって問い合わせをしたり、面接時にたずねておいた方が良いとわかっていても、後々こんなはずじゃなかったのにと泣きを見る事も少なくありません。

また特に希望の職種はなく給料や勤務時間、勤務日数、福利厚生、待遇面などから探して自分の希望に合ったとこがあれば少し苦手な分野の仕事でも応募してみるのも1つの方法です。
やってみれば案外自分に合っている事もり、よほどの事がない限り石の上にも3年と言うように仕事も3年やってようやく慣れ始め理解し面白みも出て来る可能性もあります。

 正社員の求人情報で損をしない為に見落としがちな重要な2つのこと

しかしそれでも気をつけておきたいポイントはあります。ここでは数ある中から、見落としがちな重要な2点をご紹介します。

◎交通費は全額支給されるか?

例えば、神奈川埼玉千葉方面から東京へ通勤するような人たちは
絶対に気をつけるべきポイントです。
一ヶ月の定期代が2万円かかるのに、会社から支給されるのは1万5千円だった場合
1年間で換算すると6万円もの損失になってしまいます!
一方で、交通費が全額支給されればこの損失はあらかじめ防げます。

会社に足を運ぶのになぜお金を払わなきゃならないの?なんて気持ちでは
仕事へのモチベーションも低下しますし、押さえておきたいですね。

◎有給休暇はあるか、もしくはとりやすいか?

病気、葬式、レジャー、家族の体調不良などのために
どうしても会社を休みたい時は有給休暇があれば有り難いですよね。
ですが、ブラック企業ではそんなものは名前だけの存在か無いに等しい
環境であることが多々あります。

ワークライフバランスをとるためにはどうしたらいいのかをよく考える必要があります。

7対1の病院での看護師求人を探すには

sagasu

  7:1 x 病院 x 看護師求人 ⇒ ???

看護師として働きやすい職場の基準として、その病院の配置基準が7対1かどうかというのは重要です。『すぐに辞めたくならない看護師のワークライフバランス 』でもお伝えしましたが、看護師の数と仕事の総量の比率のバランスがとれていないと、残業をやもう得ずしなくてはならない環境が生じてしまう可能性もあります。

自分の時間と仕事の時間のバランスを保つ。仕事が忙ししすぎない職場でやりがいのある看護を実践するためにも7対1看護が実践されているかどうかという基準は実際に数値としてわかりやすい1つの指標にもなります。

7:1の看護師求人を探すには

7:1を実現したいのは何も看護師側からだけではなく、病院も7:1にできればしたいという施設も多くあります。しかし中々そうもいかない現状がある様で探すのも簡単ではありません。

7:1の看護師求人を探すには、自分の気に入った求人募集を順番にひとつひとつ7:1の看護が実践されているかという事をさがしていくという方法もありますが、もっと効率の良い方法もあります。

求人サイトによってはこの7:1の看護が実践されている看護師の求人募集のみのカテゴリーを作りそこの求人情報から7対1の配置基準の職場を効率よく探す事ができます。

求人サイト名 7:1看護師求人分けがある
ナースパワー X
ナースではたらこ X
ジョブデポ X
ナースフル X
マイナビ看護師 X
MCナースネット X
メディカル・プラネット X
ナース人材バンク X
なもナビ X
看護プロ X
MEDFit看護師*ナース X
ナースジョブ X
ウィズナース X
美容外科求人ガイド X
ナースコンシェルジュ X
メディカルNEXT X
医療人材ネット X
CBネット X

現時点看護師の求人サイトを19サイトでこの7:1の配置基準の求人案件をカテゴリー分けして調べる事ができるのがの1社となっています。今後他の求人サイトでも同じようなカテゴリー分けでの求人情報が閲覧できるようになるかもしれませんが、7:1とい条件で試しにさがしてみるのもいいかもしれません。

各種休暇制度で選ぶ看護師求人のチェック項目

  看護師 x 休暇 x 制度 ⇒ ワークライフバランス

育休

求人情報を見比べるポイントには給与や勤務形態等がありますが、もう一つ見逃せない点がワークライフバランスをとる休暇制度です。育児休暇や出産前後の休暇がとれるという職場は数多くありますがそのほかにも色々な種類の休暇があります。

以下がその一例になります。

看護師の休暇の例

  • 看護師の参考休暇例
  • 有給休暇または年次休暇
  • 結婚休暇
  • 産前産後休暇
  • 育児休暇
  • 配偶者出産休暇
  • ボランティア休暇
  • 病気休暇
  • 介護休暇
  • 服忌休暇

概ね休暇の種類がライフの部分に関わる、ボランティア休暇、結婚休暇というような休暇を備えている病院はワークライフバランスを取ることに意識が向いている職場と言えるかもしれません。

看護師のワークライフバランスを整える制度

勉強

  • 修学部分休業制度
  • 自己啓発等休業制度
  • 育児短時間勤務制度

人材不足やコスト削減といった病院や施設ですと、中々プラスで資格をとらせてくれる時間を確保するのが難しくクタクタになってとにかく休みたいという事が優先になってしまします。だからこそ何かの資格を取るときに仕事を休み時間をくれるというのはとても良いシステムです。

例えば助産師の資格をさらに取得したいという時にも自己啓発等休暇制度があれば仕事を完全にヤメずに助産師学校に進学することができたりします。一旦辞めてしまうのではなく学んでまた帰ってこれるという制度があるとモチベーションにもつながるそうです。