看護師求人の待遇、損をしない為に重要な2つのこと

sagasu例えば、ハローワークでは有給ありと説明を受けたのに
いざ入社すると病気になっても有給が取れない!なんて話もよくあるので
面接で落とされるかもと思っていても、堂々と質問しづらいところですがこの辺はしっかりと質問をしたい項目です。

そして自分の希望通りの待遇の職場があれば万々歳ですが中々自分の希望に完璧に合った待遇でないとこも多く、結局職場が決まらなかったりします。

どうしても希望している職種しか探したくないのであれば希望の待遇が見つかるまで探すしかありません。もしくは希望を下げて我慢するという選択肢もあります。
最初が肝心でここだけは外せないと思う事は前もって問い合わせをしたり、面接時にたずねておいた方が良いとわかっていても、後々こんなはずじゃなかったのにと泣きを見る事も少なくありません。

また特に希望の職種はなく給料や勤務時間、勤務日数、福利厚生、待遇面などから探して自分の希望に合ったとこがあれば少し苦手な分野の仕事でも応募してみるのも1つの方法です。
やってみれば案外自分に合っている事もり、よほどの事がない限り石の上にも3年と言うように仕事も3年やってようやく慣れ始め理解し面白みも出て来る可能性もあります。

 正社員の求人情報で損をしない為に見落としがちな重要な2つのこと

しかしそれでも気をつけておきたいポイントはあります。ここでは数ある中から、見落としがちな重要な2点をご紹介します。

◎交通費は全額支給されるか?

例えば、神奈川埼玉千葉方面から東京へ通勤するような人たちは
絶対に気をつけるべきポイントです。
一ヶ月の定期代が2万円かかるのに、会社から支給されるのは1万5千円だった場合
1年間で換算すると6万円もの損失になってしまいます!
一方で、交通費が全額支給されればこの損失はあらかじめ防げます。

会社に足を運ぶのになぜお金を払わなきゃならないの?なんて気持ちでは
仕事へのモチベーションも低下しますし、押さえておきたいですね。

◎有給休暇はあるか、もしくはとりやすいか?

病気、葬式、レジャー、家族の体調不良などのために
どうしても会社を休みたい時は有給休暇があれば有り難いですよね。
ですが、ブラック企業ではそんなものは名前だけの存在か無いに等しい
環境であることが多々あります。

ワークライフバランスをとるためにはどうしたらいいのかをよく考える必要があります。

倍率が高くても掲載期間が長い看護師求人には気をつける理由

hello_w

看護師求人の倍率の高さは安易にオススメ求人とは言えません

求人に応募して、、、、

その結果を待つ時間不安になりますよね。

ある程度目安はあるものの、

企業や病院側がこの期間をコントロールしていることもあり。。。

悩ましいところです・・・

そんな時に工夫できるポイントをいくつかご紹介します。

看護師応募掲載期間と応募倍率の両方をチェックするのがポイント

過去に数回か就活経験があるひとでも。

毎回、転職には労力がいります。

あなたも例外では無いと思います。

転職サイトであれば、登録後に面談ハローワークであれば、相談窓口を大いに活用することをオススメします。

その理由は

窓口では、応募状況を教えてくれるので、ここで倍率が高いか低いか分かります。

それともうひとつ重要なことは求人票が出てから、経過日数です。

日数が経過しているのに、応募の全体人数が少ないところは、基本的に応募しない方が良い可能性がたかまります。

応募しても就職を辞めた、人が足りない状態がながびいている可能性があるからです。安易に応募倍率がひくい求人を選ぶと、

「倍率低いから書類通過するかも」と思ったら、すぐ病院に面接に来いと言われ、

求人票の内容と違う内容で契約させられそうになる

その会社は、その後もしょっちゅう募集をかけるという状態かもしれません。

何回も募集をかけているようなところも要注意ですよね。

それと同様に転職サイトの情報もエージェントや担当者を通して、求人の流れや人の出入りを確認する事が重要となってきます。

また、家族や友達への相談もした方がよいです。思わぬところで、応募しようとする会社の情報が入ってくることもあるのです。ハローワークや求人情報誌、またインターネットで情報収集を上手に駆使して、就活を成功させたいですよね。

ハローワークのデメリットは転職サイト『同時並行』でカバーする

building_hellowork病院や勤務先を辞めてから就活をしている時に「一日でも早く決めたい」と思いますよね。

でも、ハローワーク等で就活をしていると、なかなか前に進まないことがあります。

なぜならば、ハローワークは求人に対して同時にできる応募数が3件ほどと決められています。

そして、多くの場合が書類選考があります。

おどろき

書類選考は履歴書を送ってから、面接までいくか不採用かの通知が、後から送付されるのですが、この結果待ちは結構時間をかける企業や病院が多いです。

私は看護師としてブランクから復帰した過去の経験からすると、早くて1週間ほど、そして、最も遅かったところが1か月でした。

1か月待ちだったところは、こちらから問い合わせをしました。そしたら返事は「あ~、すみません。残念ながら不採用です」と軽く言われました。

結局、書類を送るのを忘れていたようです。こちらは、真剣に求職しているのに、なんだか腹立たしい出来事でした。1か月を無駄に過ごしてしまった気がします。このようなことは、周囲にもよく聞く話なのですが、あまりにも返事が遅い会社には確認してみるのも必要だと実感しました。

全ての病院や企業がこの様な対応をするわけではありませんが、同時平行で複数の案件を進めるのは大切な手段でもあります。

失敗しない転職活動には『同時平行』というアプローチも大切になりそうです。

 

ハローワークの新卒看護師求人募集と求人サイトを比較して就活!

  新卒は新卒求人だけにとらわれないアプローチで

新卒看護師

新卒の看護師は就活に対して型にはまりすぎる傾向がありますので注意が必要です。

転職となればある程度転職活動も数回経験があるという人も多いかもしれませんが、新卒採用は就職活動をする側にとっては生まれて初めての就活です。

世間では就活難と言われているご時世でも、看護師の就職状況と言えば毎年比較的求人情報も多く求人倍率も低いのが特徴です。

そんな就活に有利な看護師転職にも注意点があります。。。

ハローワークと求人サイトの併用が肝

 

インターンシップや自己分析、説明会等…何せ色々な事が初めてのことなので、敷かれたレールに沿って進んでしまう気持ちも分かるのですが、求人は新卒サイト以外にもたくさんあります。

例えばハローワーク。HPで求人を見てハローワークに行き、応募をします。掲載されているものの多くは中小企業で情報も少ないですが、その中から良い求人を見つけ、ハローワークの職員に評判を聞いてから応募するという方法もあります。

そしてハローワークの良いところは新卒サイトに比べると応募数が格段に減るということ。直接企業の方とお話しできる機会も増えるので、練習として活用するのも良いかもしれません。

また新卒であっても転職サイトで応募するという手もあります。新卒可の企業も多数掲載されており、応募数も新卒サイトよりは減ります。

勤務できる病院や職場は1つですが、ハローワークの求人と求人サイトの求人募集情報は特性が違ったり採用までのアプローチの差がありますので両方を使い比較する事が大切です。

ハローワークで求職活動 ⇒

ハローワークで踏み込んだ専門的な話しができないが、穴場求人や直接企業の方とお話しできる機会も増える

求人サイト ⇒ 

専門的な希望を精査してくれるも、敷かれたレールに沿って進んでしまう危険性もあり

ハローワークと求人サイトをうまく使い型にはまる事と同時に型を破る事も大切です。初めての就活。悔いのないように、そして新卒サイトに踊らされないように、上手に求人を見つければ良い企業と巡り会えると機会が増えます。