倍率が高くても掲載期間が長い看護師求人には気をつける理由

hello_w

看護師求人の倍率の高さは安易にオススメ求人とは言えません

求人に応募して、、、、

その結果を待つ時間不安になりますよね。

ある程度目安はあるものの、

企業や病院側がこの期間をコントロールしていることもあり。。。

悩ましいところです・・・

そんな時に工夫できるポイントをいくつかご紹介します。

看護師応募掲載期間と応募倍率の両方をチェックするのがポイント

過去に数回か就活経験があるひとでも。

毎回、転職には労力がいります。

あなたも例外では無いと思います。

転職サイトであれば、登録後に面談ハローワークであれば、相談窓口を大いに活用することをオススメします。

その理由は

窓口では、応募状況を教えてくれるので、ここで倍率が高いか低いか分かります。

それともうひとつ重要なことは求人票が出てから、経過日数です。

日数が経過しているのに、応募の全体人数が少ないところは、基本的に応募しない方が良い可能性がたかまります。

応募しても就職を辞めた、人が足りない状態がながびいている可能性があるからです。安易に応募倍率がひくい求人を選ぶと、

「倍率低いから書類通過するかも」と思ったら、すぐ病院に面接に来いと言われ、

求人票の内容と違う内容で契約させられそうになる

その会社は、その後もしょっちゅう募集をかけるという状態かもしれません。

何回も募集をかけているようなところも要注意ですよね。

それと同様に転職サイトの情報もエージェントや担当者を通して、求人の流れや人の出入りを確認する事が重要となってきます。

また、家族や友達への相談もした方がよいです。思わぬところで、応募しようとする会社の情報が入ってくることもあるのです。ハローワークや求人情報誌、またインターネットで情報収集を上手に駆使して、就活を成功させたいですよね。

ハローワークのデメリットは転職サイト『同時並行』でカバーする

building_hellowork病院や勤務先を辞めてから就活をしている時に「一日でも早く決めたい」と思いますよね。

でも、ハローワーク等で就活をしていると、なかなか前に進まないことがあります。

なぜならば、ハローワークは求人に対して同時にできる応募数が3件ほどと決められています。

そして、多くの場合が書類選考があります。

おどろき

書類選考は履歴書を送ってから、面接までいくか不採用かの通知が、後から送付されるのですが、この結果待ちは結構時間をかける企業や病院が多いです。

私は看護師としてブランクから復帰した過去の経験からすると、早くて1週間ほど、そして、最も遅かったところが1か月でした。

1か月待ちだったところは、こちらから問い合わせをしました。そしたら返事は「あ~、すみません。残念ながら不採用です」と軽く言われました。

結局、書類を送るのを忘れていたようです。こちらは、真剣に求職しているのに、なんだか腹立たしい出来事でした。1か月を無駄に過ごしてしまった気がします。このようなことは、周囲にもよく聞く話なのですが、あまりにも返事が遅い会社には確認してみるのも必要だと実感しました。

全ての病院や企業がこの様な対応をするわけではありませんが、同時平行で複数の案件を進めるのは大切な手段でもあります。

失敗しない転職活動には『同時平行』というアプローチも大切になりそうです。

 

看護師転職の情報収集【病院の選び方チェック項目一覧】

転職活動において病院や企業を選ぶ際に、情報収集の主な方法は2つあります。『インターネットを使った情報収集』『直接現場に足を運び調べる方法』の2種類です。極端な話ブラック病院か否かといった見極めもここでしっかりと情報収集する必要があります。

また情報収集はもちろん大事である事には変わりはないのですが、いくら情報を集めようとも働き始めるまでは実際にどの様な環境なのかはわかりません。「イメージと実は違った・・・」、「こんなはずじゃなかった…」とならないためにも複数の角度から情報を集めるということがギャップをうまないたまにも重要です。

インターネットの情報と直接現場を観る情報の使い分け

現場に足を運ばないとわからない情報がある一方、インターネットでしかわかりづらいし手に入りにくい情報の正確さを増すには、インターネット上の情報を現場で確かめるという両面からのアプローチが大切です。それを示しているのが下の図で重なった部分です。

2つの情報収集の方法を使っても確認する事ができない情報が緑色の部分です。働き始めてわかる情報という部分が一番多く、働き始めてからしかわからない情報は就職前には知りようがない情報です。だからこそインターネットや病院見学等で足を運び調べる必要があるのです。

例えば「インターネットで調べたら残業が全くなく看護師が活き活きと働いていると書かれていても現場では全くそんな雰囲気ではない」とか。その逆に「インターネット上での評判がとても悪く面接を辞退した企業後からきいたら自分の理想の職場だった」ということは多々あると思います。

病院のチェック項目

特に今の職場に勤務しながら転職先を探すとなると、現場にわざわざ足を運び情報の真偽を何件も確かめる事はできません。時間的制約がある中でまずはインターネットで見込みがある求人を見つけそこに赴くというのが効率の良い求人情報の整理の方法ちなりそうです。

ネットと職場見学時のチェック項目の一覧

項目はもちろん全ての人に合うものではありませんが、ご自分の職場の希望に合わせてピックアップしてください。

インターネットで情報を集めた時のチェック項目

 病床数と看護師数の割合
 診療科目の種類
 給与・勤務体型
 医師の紹介ページ
 理念
 病院の区分
 教育体制とその時間
 駅が近いか
 車通勤が可能か
 通勤手段は何通りあるか
 職場きれいか
 引っ越す場合その周辺の家賃
 家賃の補助制度があるか
 転職サイトから転職した場合のお祝い金の有無
 24時間の託児所がついているか
 育児に対しての補助制度があるか
 既婚者向きの病院か
 一ヶ月の休日日数
 残業の平均時間
 休憩時間
 土日祝日の勤務の有無
 ブランクが空いていても採用されるか
 復職支援制度があるか
 未経験が可能かどうか
 年齢不問
 新卒歓迎か
 研修制度の充実
 認定支援を受けているかどうか
 福利厚生の充実度
 保養施設の有無
 夜勤負担の割合い
 寮があるかどうか
 電子カルテの導入の有無
 病院に対する患者さんの口コミ

職場に直接足を運び集める情報

 看護師の仕事ぶり
 職員の対応
 患者さんの病院内での様子
 職場設備の充実度
 最寄り駅からの距離
 道路の時間帯いよる交通状況
 周辺のお食事処の種類と位置
 リラックスできる公園等があるか
 夜勤の通勤経路は危なくないか
 コンビニエンスストアは近くにあるか