看護師求人の待遇、損をしない為に重要な2つのこと

sagasu例えば、ハローワークでは有給ありと説明を受けたのに
いざ入社すると病気になっても有給が取れない!なんて話もよくあるので
面接で落とされるかもと思っていても、堂々と質問しづらいところですがこの辺はしっかりと質問をしたい項目です。

そして自分の希望通りの待遇の職場があれば万々歳ですが中々自分の希望に完璧に合った待遇でないとこも多く、結局職場が決まらなかったりします。

どうしても希望している職種しか探したくないのであれば希望の待遇が見つかるまで探すしかありません。もしくは希望を下げて我慢するという選択肢もあります。
最初が肝心でここだけは外せないと思う事は前もって問い合わせをしたり、面接時にたずねておいた方が良いとわかっていても、後々こんなはずじゃなかったのにと泣きを見る事も少なくありません。

また特に希望の職種はなく給料や勤務時間、勤務日数、福利厚生、待遇面などから探して自分の希望に合ったとこがあれば少し苦手な分野の仕事でも応募してみるのも1つの方法です。
やってみれば案外自分に合っている事もり、よほどの事がない限り石の上にも3年と言うように仕事も3年やってようやく慣れ始め理解し面白みも出て来る可能性もあります。

 正社員の求人情報で損をしない為に見落としがちな重要な2つのこと

しかしそれでも気をつけておきたいポイントはあります。ここでは数ある中から、見落としがちな重要な2点をご紹介します。

◎交通費は全額支給されるか?

例えば、神奈川埼玉千葉方面から東京へ通勤するような人たちは
絶対に気をつけるべきポイントです。
一ヶ月の定期代が2万円かかるのに、会社から支給されるのは1万5千円だった場合
1年間で換算すると6万円もの損失になってしまいます!
一方で、交通費が全額支給されればこの損失はあらかじめ防げます。

会社に足を運ぶのになぜお金を払わなきゃならないの?なんて気持ちでは
仕事へのモチベーションも低下しますし、押さえておきたいですね。

◎有給休暇はあるか、もしくはとりやすいか?

病気、葬式、レジャー、家族の体調不良などのために
どうしても会社を休みたい時は有給休暇があれば有り難いですよね。
ですが、ブラック企業ではそんなものは名前だけの存在か無いに等しい
環境であることが多々あります。

ワークライフバランスをとるためにはどうしたらいいのかをよく考える必要があります。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。