幼稚園児、保育園児をもつ看護師の求人探しのヒント

幼稚園や保育園と看護師

「子供との時間を増やしたい」

「子供の体調不良でお迎えにいかなければならない。」

子育てと仕事を両立させるにはいくつかハードルがありますが、最も大きくひっかかる難点は『時間管理』ではないでしょうか。採用する側も時間の自由がきかない人材という事で働いてもらいづらいという事にもなってしまいます。

子育てをしながら看護師求人を上手に探す方法は下記のBさんの体験談からもわかります。

幼稚園児を育てながら看護師職の求人を探した富山県看護師Bさんの経験談

ひらめき現在幼稚園児がいる私にとっては、幼稚園代も稼ぎつつ、家事や幼稚園児の送り迎えに差し支えない自分のスキルの範囲で可能なパートを探すことが大前提でした。

まず求人を見て、場所が近ければその診療所や病院をこっそり見に行き雰囲気や多忙度を見に行きます。そして、求人に【4時間~OK】【土日祝は休めます】といった内容が書かれているものを選びます。

実際大きな病院であっても、土日祝日にアルバイトがたくさんいればそれも可能です。あせらず毎日情報をチェックしとりあえず電話をしてみることです。
なぜなら、決まっていてもいつまでも募集をかけている職場もあるからです。面接にうまくこぎつければ、担当者さんの対応を見ながら求人の募集に書かれていた時間帯でよいのか等の条件はきちんと確認し、入社をします。
もしそれが嘘であればその病院は私は辞退しました。求人の条件に嘘を堂々と書く病院は他にも虚偽があったり、度を過ぎるサービス残業等があったりずさんな場合が多いからです。
そしてもしあればなのですが、長く続けていれば社員登用制度ありの企業を私は選んでいます。そこでなれていれば社員へ推薦されることがあるため、子供が幼稚園を出て小学生になったときフルタイムで働けるため安定するからです。いろいろな会社の求人が出るのを待つのが一番の作戦です。

 幼稚園児、保育園児をもつ看護師の求人探しのヒント

経験談から観えるポイントは

近い場所から探し始める

  • 忙しさや雰囲気を実際にチェック
  • 短時間勤務が可能な職場を選ぶ
  • こまめに情報を仕入れ、公示されていた採用条件が今の条件と差異がないかも電話も活用し確認する。
  • 子どもが成長してフルタイムで働ける状態になった時の事を考えて正社員登用がありそうな場所を選ぶ

上記の様な点です。

特に一般的は紹介予定派遣とは異なりますが、将来の生活を見越して、正職員としても働きたい職場がみつかればかなりベストな選択ができたと言ってもいいいのかもしれませんね。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。