良い上司に恵まれそうな看護師求人を探すには

嫌な看護師上司

『親と上司は選べない』とは良く耳にする言葉です。この言葉の意味はあまり良い意味ではありませんよね。しかし逆に、良い上司を選ぶ事ができれば、自分の職場環境も改善される事は言うまでもありません。

例えば辛い看護師の仕事であっても我慢しながら働く事ができると言う例です。

ふつう

私が看護師として就職したところは、とても忙しく、休む時間もないほど、毎日働いていました。そのため、仕事に対して、このままでいいのだろうかと思うこともあったのです。
そんな時、同じ病棟で働いている看護師と、私が悩んでいる仕事のことについて、話すことができました。
すると、その看護師も私と同じように悩んでいた日々があったと、話をしてくれたのです。その時、私と同じように悩んでいる人がいると思っただけで、とても気持ちがすっきりとなったことを覚えています。
そしてその看護師も、その病院をやめることを、いつも考えていたことも知ることができました。
その仕事についての考えが、変わったのは、目指すべき看護師の姿を見つけた時からだそうです。

その時から、その人が行っていることに対して、真剣に学ぼうと思って、必死で頑張ることができたということでした。私はその話をきいて、本当にそうだと思うことができたので、その後、その話をしてくれた看護師の仕事について、学び少しつらい事があっても頑張る事ができました。

 

良い上司に恵まれない時の対処法

  情報収集を入念にして嫌な上司からは転職でさよなら

しかし前述の様に最大の問題点は良い上司、嫌な上司が選べない点です。職場の人間関係は看護師の離職理由のトップクラスです。どんな上司が来るかという点は運でもあるところなのですが全く情報が集まらないかと言いますとそんな事もありません。

ポイントなるのは離職率その他に付随する病院の雰囲気転職系エージェントから得られる離職情報です。( ⇒ ブラック病院の見分け方

現に今働いている職場の上司がとても耐えられないというのであれば転職を考えるのも1つの方法です。

良い上司にめぐり会えるのが『一期一会』であればそれと同時に嫌な上司に合うのも『一期一会』です。人との出会いは特に新しい場所や環境に身を置かなければ起こりません。特に看護師という職業は転職や離職が多い職業です。我慢を続けるよりは新しい環境に身を置く事も視野に入れるのも良いでしょう。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。