うつ病看護師が仕事復帰するための看護師求人

  うつ病 x 仕事復帰 ⇒ 短期の仕事からステップアップ

理由は様々ですが、心の病にかかり仕事への復帰のタイミングや自信がなくなってしまう看護師さんは少なくありません。うつ病を患っている事を正直に話すと採否にも関わりますのでそれを正直に伝えるのも簡単ではないでしょう。

うつ病になってしまった時の看護師としてのヒントとして体験談があります。

かなしい

数年ほど前に、心療内科で「うつ状態」という診断をくだされ、そこからうつ克服のための戦いが始まりました。うつになってしまった原因はいまだによくわかりません。たぶん、いろいろなことに対して、自分が自分自身を追い込んでいたからではないかと思います。
うつの克服のために、医者にはこう言われました。「薬を飲めば治りますよ」
うつってどこかに痛みがあるとかそういう病気ではなく、気分が落ち込んでしまうとか、いろいろ考えてしまって眠れないといった症状があります。確かに、薬を飲むと気分が落ち着いたり、夜眠れるようにはなったと思います。でも、治っているという実感がないのです。これは本当に苦しい。
診断がくだされてから、1年になりますが、いまだに薬を処方されています。出口が見えません。「明けない夜はない」と誰かの歌の歌詞にもありますが、本当にこの暗闇から抜け出せるのか、不安を感じている日々です。
でも、うつになって気づいたことがありました。自分にとって大切なものは何か。幸せって何か。確かに病気で苦しんでいるけど、自分には支えてくれる家族があるじゃないか、自分は一人じゃないんだ、って心から思えるようになりました。

少し元気が回復してきて、少しづつ働かなければという思いと働きたいという気持ちもでてきたのですが、また同じ様にうつ病に逆戻りしてしまえば直ぐに辞めてしまうことになって周りにも迷惑がとか考えていると勇気がでませんでした。

問題は長期的な仕事につけない事でした。看護師として短期の仕事って何があるのか、探してみたら病院でなくとも単発で働ける仕事が多くある事に気づきました。単発の求人情報は常に多くあるわけではありませんが、派遣人材紹介会社に登録する事で自分のペースで仕事を探す事ができました。

修学旅行についていったり、イベントの医務室に待機したりと1日~数日の仕事をこなすうちに気持ちも安定してきました。

長期的な仕事にも挑戦できる様になり、信じがたいことかもしれませんが、病気になる前よりも今は幸せを感じています。

勿論、病気を完治させてから職場復帰するに越した事はありませんが、心の病は境界線が曖昧なのも事実です。生活収入やリズムを取り戻すという意味とリスクを少なくするという2つの意味で単発の仕事から始めるというのは職場復帰には悪くはないアプローチです。

単発の仕事を探すには

看護師の最も短い仕事は登録制で『1日~』という看護師求人があります。登録したからといって常に仕事をこなさなければならないという訳ではなく、自分の好きな時に好きなスケジュールで仕事を撰ぶ事ができます。単発派遣の内容はイベントナースやツアーナースといって、医務室待機、ツアー等の旅行への同行業務が中心です。

search1 この様な看護師単発の仕事を探すのにはMC─ナースネット(メディカル・コンシェルジュ)がオススメです。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。