看護師の退職。『辞める』『職を見つける』どちらが先か

  『辞める』 ⇒ 『職を見つける』 or 『職を見つける』 ⇒ 『辞める』

病院を辞めてから、仕事を探し始めるのか。若しくは先に転職先を探してから辞めるのか。という問題は非常に難しい一面があります。仕事と仕事の間に時間が空きすぎれば日常生活の金銭面で苦労をすることになりますし、その反対に仕事の開始時期の調整に失敗すれば働いていつ現場と転職先に迷惑がかかる事になります。

また思い立って直ぐに辞める事ができない現実もあります。

仕事としながら求職活動をする難しさは三重県在住のAさんの経験談でも読み取れます。

なやむ三重県在住のAさんの経験談

仕事を持ちながら次の仕事を探すのは意外と難しいものです。
一般的には退職する1ヶ月前には、退職の意を伝えなければいけない職場が殆どです。
私が勤めていた職場は3ヶ月前に申請だった為、良い転職先があってもすぐに辞められないのでチャンスを逃す結果となっていました。
募集している側は、すぐにでも勤められる人を希望しているところが多い為です。
退職を決意し、私の後任として新しい人が入社し、引継ぎ開始。
引継ぎ期間は約1ヶ月でした。
こう考えると辞める人からの引継ぎ期間を考慮しても3ヶ月は長い様な気がします。
結局、退職日から遡って残っている有給休暇を取得し、最終勤務日以降に転職活動を始めました。
保険の関係などを考えると退職日の翌日から転職先に所属したかったのですが、やはり無理な話でした。
面接時に退職の申請期間など聞く事は、まず出来ませんから仕方のない事なんですけど。
転職はタイミングと縁です。
採用されなかった場合は、良い意味で縁がなかったのだと思います。

 

退職前の報告・連絡・相談(ホウレンソウ)

 

次にうまくいった解決策の例です。

ふつう埼玉県在住Bさん

仕事をする時に、ほうれんそうという言葉があります。それは報告、連絡、相談です。そのことについて、仕事をすればするほど、大切なことだと思うことができます。特に上司になった時に、そのことをとても感じることができました。
それは、仕事の進行状況やトラブルについて、絶えず把握しておく必要があるからです。そのためには、相談をしたり、してもらったり、こまめな報告をしてもらうことが大切となってきます。
そのためには、報告をしてもらうことが大切ということを、部下に対して常に意識をして、話すようにしていました。そして、私が上司に対しても、そのようにしていると、部下も同じように報告をしてくれるようになったのです。
そして悩んだとき特に退職の時は、報告をすることが大切だと思っています。悩んで自己判断で報告をしなかったとき、重大なことが起きたりするものです。
そのことから、報告をすることの大切さを、仕事をすればするほど身に染みてわかったことでした。

特にそれが必要となるのが退職を考える時なのかもしれません。

 

看護師の退職。『辞める』『職を見つける』どちらが先か

  『職を見つける』 ⇒ 『辞める』 + 『報告・連絡・相談』を同時並行で

難しい問題ですが、結局は辞める前に『職場を見つける ⇒ 転職』までをどこまで綿密に詰める事ができるかという事がポイントになりそうです。Aさんの様に自分が就職したい職場があってもすぐに来て欲しいという条件がつくケース。そこに転職したいという場合はBさんの様なホウレンソウが有効です。

退職してから貯金もありゆっくりと転職活動ができるという場合は、短期や単発の仕事を間に入れ求職活動をするのも良いと思います。しかしあまり間が空いては困る場合は求職活動と話し合いを同時並行、また現場とのホウレンソウで上手くやるのが上策です。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。