派遣看護師や応援ナースの社会保険、雇用保険

  派遣 x 看護師 x 保険 ⇒ 雇用主 x 条件

hoken看護師の派遣社員や応援ナースでは雇用保険や社会保険はどうなっているのでしょうか。ここで整理してみたいと思います。自分が働くであろう職場で雇用保険や社会保険がどの様な基準で設定されるかの前に確認しなければならないのが、雇用主が派人材紹介会社か病院での直接雇用かという点です。

何故この様な事をチェックするかといいますと、一見派遣の募集に見える求人広告が病院の直接雇用で契約社員という場合は少なくありません。例えばナースパワーが運営する看護師の求人募集形態の1つである『応援ナース』もそうですが、これは派遣形式ではなく病院からの直接雇用になるそうです。

故に保険が支給される元が人材紹介会社ではなく、病院、つまり出向先の職場という事になります。

反対に完全に人材紹介会社から派遣され、職場に出向する勤務形態をとれば、保険の支給元は人材紹介会社となります。

面接を受ける以前の相談の段階で社会保険や雇用保険があるかないか、またその基準等の話しが全く無いまま話しが進むという事はあまりないとは思いますが、

特に雇用保険といった働いていた職場を辞めてからも手続きで関わるデリケートな項目については、どこが支給元なのかを確認しておいた方が無難といえるかもしれません。

派遣看護師の社会保険の条件

社会保険は雇用保険以上に日常生活で重要なものになります。派遣で働く場合に社会保険が支給される条件としては、

  • 2カ月を超える雇用契約
  • 1日または1週間の労働時間、および1ヶ月の労働日数が通常労働者の4分の3以上

という条件があります。

例えば4週8休等の概ね週休2日程度の勤務で1日の労働時間が8時間であれば1週間に40時間の勤務、その3/4という事ですから30時間程度が基準となりそうです。看護師の勤務形態では4週6休というところもあったりしますのでこの辺りが勤務先で条件が変わる部分かもしれません。

派遣看護師の雇用保険の条件

雇用保険に関しては以下の様な条件が有ります。

  • 31日以上の雇用見込みがある
  • 1週間当たりの所定労働時間が20時間以上である

4週8休の様な勤務形態であれば31日以上、所定労働時間が20時間以上といった勤務時間を大きく超えそうでもあります。しかしスポットや単発、夜勤のみで月数回といった勤務形態ですと上記の条件を満たすか満たさないかというところは少し微妙なラインになってくるかもしれません。また雇用保険は短期間の勤務では中々貰えるものではありません。様々な雇用保険の金額や基準をチェックしておくのも準備の1つです。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。