看護師の転職平均回数

  看護師の転職回数を平均すると約3回前後

転職回数が多すぎると採用や面接に影響がでるのでは?と心配になるという方も多いようです。確かに過去の転職回数や勤続年数は採用基準の一要素となることは避ける事ができないでしょう。

看護師転職回数

就業構造基本調査結果によると過去5年間の転職回数は

1位が1回の48.1%

2位が2回の21.2%

3位が3回の17.4%

となって平均して2回~3回といったところです。

転職回数が4回め以降より転職回数は大幅に減り、

4回1.9%となっています。

しかし、4回以上の転職経験があるという方は、9.5%と10人に一人の計算になりますので、

決して少なくない様です。

転職理由は様々です。人間関係に耐えられず転職癖がついてしまっているという方から、色々なところで勉強したかったからというポジティブな理由で転職するという方もいます。転職回数は過去にさかのぼって修正がきかない要素の一つでもあります。

転職癖がついてしまっているという方が転職の回数が増えてしまうという悪循環もあるようですが、そんな人ほど転職は慎重にするべきかもしれません。転職回数が多い方の特徴としては自分のメンタルの弱さ等を責めてしまう自責傾向にあります。一回気持ちをリセットして転職活動に臨むのがいいかもしれません。

『親と上司は選べない』という様に、どこへいっても苦手な人と仕事をしなければならなくなる確率は避けることができません。苦手な人への対策は付き合わないが一番ですが、仕事上そうもいかないシチュエーションもあるでしょう。しかしその付き合いを最小限にとどめる工夫をすることによって少しは改善されることがあります。

ドライな付き合い方をする自分を責めずにその中で最小限のしっかりとした挨拶といったバランスで接点を最小限にするのもひとつの方法です。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。