看護師の転職基準を夜勤負担率から考える。

  夜勤負担率を事前にチャックしましょう

看護師の離職率は夜勤負担が重いほど離職率は高くなるというデータああります。

これは夜勤が単に夜勤が嫌で辞めてしまうといった単純な理由ではありません。看護師は周知の通り女性割合が多い職業です。結婚や妊娠といったライフスタイルの変化に夜勤負担率が多いと退職せざるを得ないという状況も関係しています。

夜勤

看護師の夜勤負担の割合をみますと

  夜勤時間72時間超である看護師が31.9%

  夜勤時間80時間超である看護師が17.3%

となっています。一般的職業から比べると夜勤が育児に向いていないということは言うまでもありません。実際に

  夜勤時間72時間超の看護師の割合が50%を超えると常勤看護師の離職率12.9%

と平均離職率より2%高くなる事がわかっています。

転職の際のには夜勤負担率を一つの基準にしたほうがよさそうです。しかしこの様な現状を踏まえ病院や制度によって育児と両立できるシステムや子育てに関する助成金、法律を有効活用して育児と仕事を両立し乗り切るという方法もあります。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。