看護師の転職サイトでのトラブル

   紹介される案件が自分の希望に沿っていない

   転職紹介の誘いがうるさい

というトラブルが多い傾向にあります。その理由は転職サイトとハローワークのビジネスの仕組みを比べてみるとよくわかります。

 転職サイトのビジネス

転職サイトと病院

 

 

ハローワークのビジネス

転職サイトとハローワーク

 

転職サイトはなんといっても上記図の様に民間企業です。当然ですが人材を確保できますと、病院から報酬を受け取れます。最近流行りのお祝い金はこの一部を求職者に還元するものです。

病院や企業の要望としてはお金を出してでも求人が成約することを望みます。当然病院側にとって満足のいくサービスができなければ報酬はもらえません。その一方でもちろん求職者の要望を叶えてあげなければなりません。

主役は求職者でありますので、求職者の希望を立ててそれが病院側にそぐわなければビジネスは不成立です。しかし求人紹介業者の中にはこの病院からの報酬を優先するあまり、求職者の要望の優先事項を強引に下げる担当者もいるようです。

これが一つに大きなトラブルになります。具体的な例としては自分が希望を伝えてるにも関わらず担当者が全く希望にそぐわない案件(担当者にとっては報酬になりやすい案件)ばかりを勧めてくるという事例です。

情報を紹介してもらうことはもちろん良いことですが、最後の決断や希望は求職者自身ですし病院側にとっても、離職率の上昇に関わる問題なので長期的にみたら良いことではありません。

出来る限りフィーリングが合う担当者を選ぶ

対策としては中立に近いハローワークと並行して情報を得る。また転職サイトは複数に登録し自分が本当に信用できる会社と担当者を選びましょう。どの病院へ行きたいかはできるだけ自分で調査するという姿勢も平行した方がいいでしょう。

その様な事を優先とせず求職者の要望から転職設計を考えてくれる担当者をしっかりと選ぶべきです。

ただこの様なトラブルが常にあるわけではありません。また転職サイトとハローワークの違いでもお伝えしましたが総合的な情報量はやはりハローワークよりも転職サイトを利用する方が多く得ることができます。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。