看護師の過去の転職回数が増えると転職に不利になるか?

転職回数

  転職回数が多いと不利にはなるが、絶対に気にしない

転職を考える場合に気になるのが過去の転職回数です。いざ転職を考え始めても「過去の職務履歴の勤続年数が理由で採用に至らかったら…」と不安にもなりますが、その辺の採用基準はどうなんでしょうか。

結論から言えば、転職回数が不利になることはあるでしょう。しかし転職回数が全ての採用の合否に関わるということはありません。今回は20代と30代で転職回数が転職に影響する可能性について説明します。あくまで可能性ですので、採用の一部として捉えることが重要でしょう。

   20代の転職

 

20代であれば、まだ駆け出しといってもいい位の時期でありますので転職回数が1回や2回で特に大きく響くということもないでしょう。しかし3回以上となりますと、自分なりの理由を用意しておくべきかもしれません。人それぞれの理由はあるかと思いますが、その事情を説明するのも採用にとっては大切なことです。

採用基準は各々の病院や企業ごとに統一されたものはありませんので、もし書類審査で落ちることが多ければ、書類の書き方を工夫し数をこなすというスタンスで諦めない姿勢が必要です。

 

   30代の転職

 

20代とは違い転職の回数は3~4回位あったとしても、採用にそこまで直接ひびくということはありません。しかし、勤続年数や転職経験が多いとその理由をきかれることもありますので、それにしっかりと答えられるように準備しましょう。

また転職回数と言うのは過去のことなので、どうしても変えることができな一つです。しかし転職という行動は将来(未来)を変えるための行動です。採用基準はあくまで基準であり、将来への想いや過去からの反省を伝える事ができればたとえ転職回数が多くともそえを気にしていても仕方がありません。

今できることを自分なりに整理して、転職活動に臨みましょう。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。