看護師のブランクからの職場復帰は何年まで大丈夫?

  看護師 x ブランク x 職場復帰 ⇒ 何年まで?

注意

  • 看護師退職理由1位 ⇒ 出産・育児
  • 女性の出産平均年齢 ⇒ 30.1歳

厚生労働省の調査では看護師が退職する理由として最も多いのが、『出産や育児のため』となっています。看護師は特に女性の割合が多い事から育児休暇等をとらないで退職する場合はその時期からブランク期間となります。

また女性の出産の平均年齢は平成23年の調査ですが、30.1歳だそうです。ここで仮にこの平均年齢の30歳で出産し退職したと仮定しますとブランク期間と年齢の関係は下記の表の様になります。

看護師30歳で一時退職した場合の例
ブランク年数 職場復帰時の年齢
0年 30歳
1年 31歳
2年 32歳
3年 33歳
4年 34歳
5年 35歳
6年 36歳
7年 37歳
8年 38歳
9年 39歳
10年 40歳
11年 41歳
12年 42歳
13年 43歳
14年 44歳
15年 45歳
16年 46歳
17年 47歳
18年 48歳
19年 49歳
20年 50歳
21年 51歳
22年 52歳
23年 53歳
24年 54歳
25年 55歳
26年 56歳
27年 57歳
28年 58歳
29年 59歳
30年 60歳
31年 61歳
32年 62歳
33年 63歳
34年 64歳
35年 65歳
36年 66歳
37年 67歳
38年 68歳
39年 69歳
40年 70歳

看護師のブランクはどこまで大丈夫か

もちろん簡単にでる結論ではありませんが、看護師としての資格は何歳までも使い続ける事ができますし、看護師として勤務されている方には70代の方、また80代の方もいらっしゃるという事をきいた事もあります。

一番多いブランクからの職場復帰経験談ですが『最初はものすごい大変だけど次第に慣れてくる、あとは気持ちというものです。しかし現状復帰したものの、ブランク期間がたたり仕事に慣れる事ができずに、直ぐに退職というケースも少なくありません。

その反面10年、15年、20年とブランクがありていたにもかかわらず、職場復帰をスムーズとはいかないにしても復職されるという方もいます。それに対する大きな要因の1つに職場選びがあります。勤務場所である診療科や仕事内容、忙しさ等が影響する割合と勤務場所の受け入れ体制が大切です。『慎重に選ぶ』これがキーワードの1つかもしれません。

ブランクがある看護師でも必要とされる理由

厚生労働省の調査でも平成19年度までは看護師数が増加していたのですが、その後平成24年までジグザグに減少傾向にあります。また求人数はあまり変化が無いのに対して、求職者数は急激に減少しています。

看護師求職者数の変化

高齢化社会が加速するにつれて、看護師の需要が増える事は言うまでもなく、雇用者側もブランクがある看護師の確保体制に努めざるを得ません。ブランクが長く、不安を抱く看護師に対しての研修制度や受け入れ方法は数多くあり、準備体制が整った病院や勤務地を探す事も容易になってきています。

もちろん闇雲に求人に応募する事はオススメできませんが、求人サイトのエージェント等とよく相談するか、病院側が発信している募集要項やホームページを深くチェックする事が大事です。看護師という職種は医療の進歩に追いつくというハードルはありますが、何年ブランクがあろうと他の職種と比べ職場復帰しやすいといえるでしょう。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。