夜勤専従求人を選ぶ看護師の3つのメリットと理由

  夜勤 x 看護師 ⇒ ライフリズム x 給与 x 仕事環境

夜勤

看護師の勤務がキツイと言われる理由の1つに『夜勤』があります。看護師の人の中にも夜勤が辛いという人は少なくありません。しかしその中でも夜勤が好きでできるだけ夜勤勤務で働きたいという人もいることは事実です。夜勤が好きな人はどの様な事を中心に夜勤のメリットを感じているのでしょうか。

看護師として夜勤が辛いと言われる大きな理由は夜起きて仕事をしているということ自体ではありません。もちろん人によっては完全な朝方という事で夜活動していること自体がかなりつらいという人もいるでしょう。

それよりも看護師が夜勤勤務として最も辛い理由は勤務と勤務の間隔が狭くなるという事です。例えば3交替制であれば準夜勤が深夜0時に終わりその後に8時から日勤という事になれば、通勤時間を抜けば睡眠時間を削る上にリフレッシュする時間も殆どなくちょっと仮眠をしてまた働くという間隔を拭い去るのも難しいでしょう。

この最大の欠点を克服する方法はやはり夜勤専門のリズムを作ってしまうことです。先述の通り夜勤専門での働き方が好みに全く合わずどうしても受け入れ得られないという場合や、子育てや家庭を持っているというケースになるとこの夜勤専門は難しくなってしまいますが夜勤専門のリズムを作る事ができれば、夜勤専従看護師のメリットは少なくありません。

  日中の時間の有効活用ができる

夜に働くという事は当然ですが、日中の時間を有効活用して働く事ができるという事の他なりません。日中の時間の使い方は人それぞれですが、空いているお店も多くリフレッシュの時間はそれなりに質の高い時間を過ごす事ができます。

また人によっては大学等でもっと勉強がしたいといったスキルアップの時間に当てる事もできます。さらには日勤ばかりで日々の時間を病棟で慌ただしく動いている時間が増えてくると、病院以外での人とのふれあいやコミュニケーションが多くとりたいと思う人も少なく内容です。

夜勤であれば会える人や日々活動している人との接点が多くその時間が自分の仕事の活力になっているという人もいるようです。

  給与面でのメリットが大きい

夜勤の給与が高い事はどの職種でもかなり似ているところでもありますが、看護師の給与では日勤と夜勤の給与の開きにはかなりのものがあります。交替制の職場ではよくあることですが、夜勤が辛い事をしりつつ給与の支払いの日になると夜勤が多かった月と少なかった月とでは月給に大きく差がでるために夜勤が辛いという事を知りつつも出来る限り夜勤が多くしてほしいという人もいるそうです。

夜勤専門となると社会保険やパート扱いとなりデメリットがあるという職場も多くありますが、その反面月の半分も働けば十分に生活できる収入にもなるという人も少なくありません。

  慌ただしい仕事環境から落ち着いた環境へ

配置の人数や緊急外来といった外的条件の変化はあるものの、やはり病院が最も活動的に動いているのは日中です。入院の受け入れや検査、手術・・・それに加えて途中での退職者がいると人員を割かれ大きくオペレーションに影響がでるのは日勤です。それに対し夜勤は人を減らすという事が中々できないため影響をうけにくく、慣れてしまえば意外とゆっくりと仕事ができ患者さんとのコミュニケーションをする時間が増えたという人もいます。

夜勤専従という働き方をするには少しハードルが高いという人もいるかとは思いますが、体内時計が夜型という人や忙しくてめまぐるしく疲れているという人にとってはもしかしたら解決策の1つとして良い選択かもしれません。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。