手術室で働くオペナースの求人の探し方

  看護師 x 手術 ⇒ オペナース

オペナース

  オペナース求人情報が多い求人サイト ⇒

病院には手術室専門の看護師がいます。一般的にはオペナースと読んだりもしますが、看護師の中でも記述力や知識が専門的ににも必要とされるので、あこがれの職場という人も少なくありません。

一般的なオペを受ける患者さんの世話や対応をするとともに、オペを行う手術チームの一員として手術道具であるメスなどを手術医師に手渡すといった直接的なサポートや介助をします。それと同時に手術室の機器や計器の準備や環境に気を配るといった間接的な介助も担うという事が主なオペナースの特徴ともなります。

  • 手術勤務の経験
  • 冷静な対応や判断ができる
  • 男性看護師にも向いている
  • 比較的忙しい状況への対応を臨機応変にこなす事が好き
  • 責任感が強く、真摯に取り組む事ができる
  • 手術前不安になっている患者さんを安心させる

また、患者さんは特に手術前には不安な状態にもなります。その不安を取り除く大事な役割も果たします。冷静な対応や判断だけではなく、担当する患者さんをオペ前に訪ねて手術を行う事での質問に答えたり、手術室の様子をおおまかに話したりすることもオペナースの大事な役割の1つになります。

機器や手術道具類の正確な扱いをはじめ、緊急事態にも冷静に対応できる判断力や的確な動作それに加えて短い時間ですが、患者さんとのコミュニケーション能力が必要です。

オペ専門看護師の求人の探し方

オペナースの求人を探すときには、オペの内容によって担当の看護師を分けている病院もあれぱ、特に分けていない病院もありますので事前にその病院がどの様な分け方をしているかというところを調べる必要があります。また各病院の専門分野や自分が経験してきた事をどの位活かす事ができるのかといった事もすり合わせておくといいでしょう。

専門的な事が多くなるため、ケースバイケースの求人が多くなります。経験や知識、また未経験での入職等の可能性を含め面接前に出来る限り深く打ち合わせるといいでしょう。オペナースの求人は主要な一般の求人サイトを利用して問題なく見つける事ができます。担当者に就職の相談はした方が良いでしょう。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。