看護師の再就職のしやすさと復職への求人募集選び

  看護師 x 再就職 ⇒ 

sagasu

看護師資格を保有していて且つ働いていない看護師は潜在看護師と言われていますが、その中でもどの位の人が再就職を考えているのでしょうか。「潜在ならびに定年退職看護職員の就業に関する意向調査」では再び看護職として働きたいと考えてる人は77.6%にも上るというデータがあります。

約8割程の看護師資格を持つ人が再就職をあしたいと考えているという事にもなります。再就職をしたいと考えている人が離職理由はさまざまです。それと同時に再就職を望む理由も異なりますよね。もう少し詳しくみていくと、実際に再就職し復帰さひたい理由となるのは、

社会参加したいから 53.20%
看護職としてのやりがいを再認識したから 35.50%
子育てが終わった一段落したから 23.00%

といった理由で、ライフスタイルの区切りとしての、理由というよりも、働いて社会貢献しまがら自分のライフスタイルをもうう一度看護師としてスタートさせたいという人が多いのが印象的です。

看護師の再就職のしやすさ

看護師の質格は国内ならどこでも通用しますし、以前ほど看護師不足が大きく取り沙汰されていませんが、それでもほかの職種に比べるとかなり就職しやすい分野です。出産や育児でいったん職を離れても比較的再就職がしやすく、そんな事情が看護職員の既婚率を高めている背景とも言えます。

まだ子どもが小さいうちは子育ての時間と仕事の時間のバランスをとるために日勤で働ける診療所に勤める人もいますし、非常勤として短時問勤務から復職する人もいます。もちろんその中には病院や施設でで交代勤務を出来る範囲内でこなしている人もいます。

現場でのスキル ⇒ キャリア x 経験

再就職において時間的制約や、ライフスタイルで優先する事があれば全く希望どおりとはいかないですが、看護師としての資格とキャリアがあれば、さまざまな働き方ができることも看護職の魅力です。

他の職業では中々ない状況で再就職が希望であれば容易に選択肢はみつかるという職業かもしれません。ただし問題は医療の世界は日進月歩で知らないことが離職中に進むスピードが早いのは復職にとって、少しハードルになる事は否めません。

復職後は適応するまで苦労もあるでしよう。また、仕事と家庭の両立育児休業制度の利用状況には、配偶者や周囲の理解と協力がキモにもなります。そのことを心にとめて求人の選択をしていくといいのではないでしょうか。

今までの経験をどの程度活かす事ができるか、また自分の働きたい職場と周囲の環境、自分のスキルを求人を探すときには、コーディネーターやハローワーク等に相談して選んでいくという方法を使うのも客観的に判断できる1つの材料となります。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。