看護師在職中、妊娠した時は

  看護師 x 妊娠 ⇒ 報告 + 仕事の軽減 + 復職のプラン

ninshin

上司への報告の時期

妊娠が確認できたらできるかぎり早く上司への報告をすることが一番です。変に心配させたり業務への支障がでるのではと後回しにすると、何かと不都合が起きやすい可能性がでてきます。

兎にも角にも、上司への妊娠報告は可能な限り早くが原則です。妊娠してからの時間が経過体調が崩れやすく胎児の状態も不安定な時期に入っても行きます。早めに報告することにより周囲、同僚の協力や配慮を得やすくなり精神的にも無理なく仕事に取り組みやすくなります。

残業や夜勤をしなければならないか

残業や夜勤が辛いという状態が発生してくることが予想されるので、早めに相談することも大切です。基本的には労働基準法により時間外労働や休日労働、深夜業の免除を請求することが認めらりれています。また負担の少ない仕事へと配置転換を希望することもできます。

こういった措置が取れるのも撮ってもらえるのも早めに職場へ妊娠報告をしてあるからこそです。ぎりぎりで体調不良を訴えてから対応してもらうのではなく、無理のない時間を作る事もポイントとなります。

報告したら、産休制度はなく退職?

子育てや出産に理解の無い職場で勤務をしていますと、妊娠した時点で退職を促されるということもあるかもしれません。しかし、出産を理由に解雇することは法律により認められていません。ハローワークなど監督官庁に相談してみることで法律との基準の兼ね合いもわかります。

ただ実際には産休制度が整備されていない事業所かあるのも現実です。色々と自分で結論を出した結果、もし退職を考えているのであれば自己都合ではなく会社都合にしてもらえるよう相談してみることも後々重要となります。それは何故かと言いますと、退職金や失業手当などの条件が良くなる可能性があるからです。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。