地方か都心かで迷うナースの就職。。。

  看護師 x (都心 or 地方 )⇒ 。。。

地図

看護師に限らない事であこがれのスローライフを実現させる地方での就職という選択肢もあります。昨今では「スローライフ」や「ロハス」という言葉聞き慣れるご時世になってきました。ロハスといえば『lifestyles of health and sustainability』の略語でもあり、社会全体が環境と健康への意譏を高めた結果の1つでもあります。

都会での忙しいい生活というよりももっと自然や自分自身の健康やプライベートを大切にして、心にゆとりある毎日を送る。という事を基準にして職場を選ぶ場所事態を地方でという選択肢もあります。

都会であくせく働く生活ではなく、自然や人と触れ合いながら働くという価値観を優先するということにもなりす。そんな価値観を重視したワークライフバランスのスタイルに人気が集まっています。価値観をもった人たちのなかには、生活の場を一旦参進学や就職で都会に出てきたけどやっぱり故擲に戻ろうと出身地での就職を考え直す人もいる位です。

いわゆるUターン就職というものです。この様なライフスタイルを目指している人は何も看護師だけではなく、現在生活する場所でもない土地を新たな生活の場所に選ぶ会社員やサラリーマンも少なくありません。

田舎農業を始めた元会社員や、沖縄でスキューバダイビングのインストラクターを始めた人というのはよくテレビ等でも見かけます。リニアモーターカーや新しい新幹線、ができはじめる中交通や通信の手段はかつてより格段に便利になりました。
多様な働きかた ・ 生きかたが尊重されるようになった今、自分にとって最も働きやすく、暮らしやすい場所や環境の選択肢は、もはや都会に特別こだわる必要はなく全国に広げていいのかもしれません。

看護師の環境に絞ってその辺を考えた場合、地方での就職に困るというこ事は他の職業に比べ格段に少ないということにもなります。その理由ははためにも明らかで、地方都市は人口の流出に頭悩ませている反面、多くのピジネスは大都市團に集中し、地方都市では、若者を引き止めるだけの魅力ある仕事が確保できないというのが実情です。

人材不足の地域では、やりがい + 就職支援 + スローライフ

看護師以外の分でも度々耳にすることでもありますが、例えば農林水産業や地場の産業では、後継者不足のために廃業せざるをえないという例も少なくありません。医療の分野では全てを廃業とするわけにもいきませんので、その仕事のやりがいは一層増すといってもおかしくありません。

そんな環境をどうにかしようと、地方自治体は地方での看護師就職希望者を積極的に受け入れる動きを活発化させてぃます。例えば、産業の誘致や観光の活性化によって雇用を生み出し、若者が働ける環境を見つけやすいヤングハローワークといった就職支援活動等にも取り組んでいます。

また、都市圏在住者に向けた情報発信や移住後の支援政策を制定し、Uターン希望者がスムーズに現地の暮らに溶け込んでける支援活動が多くあります。地方でゆったりとした暮らしを送りたい都市生活者と、それらの人を積極的に受け入れたい地方都市での両方がうまく噛み合う様な体制をしいているところは少なくありません。

地方での就職の選択肢は様々ですが、求人サイトでも特集が多くありますので情報収集を含め選択肢を広げ今いる場所以外でも色々と探してみることは決して悪く無い事だと思います。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。