子育てと仕事を両立、看護師の復職のポイント

  看護師 x 復職 x 子育て ⇒ 子育てへの職場の理解がある職場選び

singlemother

両仕事と家庭との両立には環境を整えることが不可欠ですが実際両立をさせようとすると意外と障害が多いのも否めません。

その中でも大きく影響するとすれば、その病院での子育てへの理解度が大きく関わります。
子育てへの理解のない職場で子育てを両立しようとすると、復職の時にも理解が得られず、働く女性に関する社会的共感を得る事ができません。その結果、「一周りの環境を整えてから復職を・・・」という雰囲気さえ出ることもあります。子どもの面倒を理由に仕事の時間をずらそうものなら、自分に代ゎって面倒を見られる人を確保しておきなさいという事も言われるかもしれません。自然と休ませないという無言の圧力がかかったりします。

しかし一方でプロとして仕事をしている以上、果たすべき責任はあるのでそのような気持ちも一部では大切な事です。とはいえ、職場の子育てへの協力が自分も苦労てきた経験がある。だから、早退が必要なときなどは「日子どものところに行っておいで」となれば働く方もがんばりがいがあるというものでしょう。

子育てと仕事への両立は子育てをしながら働く側と、子育てに理解をしめしながら働く側の双方の共通理解がとても大切です。子育てをしながら働く側は、仕事が不規則になる分、日ごろがんばって仕事をし、その周囲の理解も有ることが重要です。

子育てを経験しない人が増えている社会的環境の中

近年では、独身や子どもをもたない人が増えています。子どもを持ったことがない若い人が多い職場で働くと両立することに障害が多くなることは当然かもしれません。そんな環境が目立つということもありますので、募集の時点から子育てへの理解がある、そんな職場を選びながら復帰することがポイントとなります。

職場では様々な人がいて、いろんな事情があり、考えかたも人それぞれです子育てへの理解を無理やりに押しつけることはできません。うまく子育てを両立できる場所を選択することができれば、子どもほど前向きなエネルギーを与えてくれる存在はいません。仕事にもきっと良い影響を与えてくれる存在にもなり得ます。子育てと仕事の両立を支援する事を主にアピールしている職場を探すということも重要です。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。