わずかな人数で業務をこなさなければいけない看護師夜勤勤務の現状

夜勤

夜勤の勤務は単発という短い期間からの求人も多く有りますが、その給与の金額は驚く程高額ということも少なくありません。日勤の日給が1万円半ばという平均金額に対して、夜勤の平均金額は3万円や4万円の日給という公示も珍しくないからです。

看護師不足が叫ばれる中患者数がそれに合わせて減少する等ということはおきるはずもなく、むしろ増加する一方です。そして医療ミスが一度起きれば訴訟にもなりかねないという社会環境はさらに夜勤で働く看護師を追い詰める環境とも言えます。

忙しくて手が回らないという状態であれば当然ミスが起きる可能性が高まります。それに対する心配が大きくなればまた夜勤を担う看護師が減ってしまうという悪循環がそこにはあります。

夜勤看護師の存在意義

当然全ての夜勤看護師の職場が人出不足で一人辺りの仕事量のキャパが大きく超えているというわけではありませんが、患者さんや病院の経営を支える夜勤看護師の存在意義はとても大きく給与が高いという点は当然と言えるかもしれません。

社会がこれからも高齢化していくことは間違いがなく、夜勤看護師の需要もそれに伴い増加していく傾向は否めません。患者さんにとっては昼も夜も関係が無い世界で夜勤を担う看護師が必要とされる時代です。

夜勤勤務の労働環境を改善しようとする動きはあるもの未だ体力的にも精神的にも辛い環境は少なくありません。そんな中夜勤を担う看護師は、給与や労働環境といった視点以外にやりがいという部分に強いものが有る人が向いているといえるでしょう。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。