看護師出産後職場に復帰したい人の割合と理由

  看護師 x 出産後 x 職場復帰 ⇒ 71% x 仕事から得られる自分らしさ

ninshin

同じ職場への復帰を希望するという人は全体の7割を超え71%となるそうです。その理由は出産後から育児、そして仕事への復帰への一連の流れをスムーズに行いたいという気持ちを持つ人が多くいます。

例えば育児は好きだけど、家事ばかり、家にいる時間が殆どではなんとなく自分らしくない・・・仕事をしている時間は結局自分にとって好きな時間だったという人は少なく無い様です。育児ばかりになるとやはりバランスをとる時間が欲しいということかもしれません。

職場復帰をするべきか、それとも・・・

  • 職場の子育て支援制度
  • 同じ職場で勝手がわかっているというメリット
  • 親族や周囲のサポート

しかし仕事に復帰するとなると周囲のサポートが大切となる面も否めません。そこでポイントとなるのがその病院にある子育てに関する支援制度、それと同じ働いていた場所であるということの精神的負担の軽さと現場での仕事の慣れ親族や周囲のサポートの3点ではないでしょうか。

育休

新しい病院に行けば育児と新環境への慣れに対してエネルギーを使うことにもなりますが仮にその職場が育児に対する理解や支援制度が無い職場であれば他を探すという選択肢の方がいいかもしれません。このように同じ職場に残るか他の勤め先を探すかという事は非常に難しい選択でもあります。

最も望ましいのは育児の支援や理解がある同じ職場へ復帰できることでしょう。そのためにも未だ子育てが将来という人でもそれを見越して、また育児だけで気詰まりになってしまうよりも仕事とのリズムをとるという選択肢を一つに、求人案件を選択することは大事なポイントかもしれません。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。