赤十字血液センターや献血ルームでの看護師求人を探すには

  看護師 x 献血  ⇒ 献血ルーム or 献血車 or 血液センター…

健常者をお客さんとして迎える数すくない看護師が活躍できる職場の一つです。選択肢として有名なのが、赤十字が運営する献血センター等です。求人の特徴と仕事の探し方をご紹介します。

saiketu

募集求人内容と勤務時間や給与に関して

  • 給与は他の看護師職に比べて概ね高め
  • 残業や早出、土日出勤といったシフトの調整があるが、夜勤が無いのが魅力
  • 正職員のフルタイム勤務もあるが、非常勤募集もある
  • 非常勤募集でもボーナスや手当等がしっかりとつく事も多い

献血でのお仕事は献血車と献血ルームでのお仕事と2種類ありますが、最近では献血車の勤務先よりも献血ルームでの募集の方が割合的に増加傾向にあります。夜勤が無いことと給与が他の看護師の仕事としては比較的高めといった部分は献血での求人のメリットでしょう。

勤務時間は出先での進捗具合にさゆうされやすいため多少の残業等が発生する頻度が高い様です。勤務形態は正職員と非常勤どちらでも探す事ができます。非常勤であっても手当やボーナスといった面でのサポートがしっかりしている職場も多い様です。

業務に必要な知識と技術の参考

  • 全血献血の技術と知識
  • 成分献血技術と知識
  • 血液を提供してくれる方とのコミュニケーション能力

献血センターは主に献血を行う場所ですので、献血への知識が必要となります。献血の種類は2種類あり成分献血と全血献血の知識や技術が必要となるようです。病棟勤務での経験があるという方は透析室での勤務経験が役に立ちそうです。

子育てには少し不向きな面も

献血センター勤務では概ね育児施設が充実している場所が少ない傾向にあります。子育てと両立する場合には、シフトや残業の前後の幅、そして保育園の確保を事前に確認した方がいいでしょう。

ただ場所によっては駅ナカにある献血ルームですと、同じ駅ナカで保育施設があったりしますのでアクセスに便利な職場や周囲の環境も同時にチェックしてみることで子育てとの平行もうまくいく可能性もあります。

血液センターや献血ルームでの仕事の探し方

献血センターでの仕事ではナースではたらこで検索をかけると全国的に何件か見つける事ができます。詳細は登録後に閲覧できる求人も多いのでこの2つの人材紹介会社を利用してまずチェックし始めるといいでしょう。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。