潜在看護師が増えてしまうジレンマとその求職環境

  潜在看護師 ⇒ 事業者 x 獲得 x 勤務条件

face_r19_c9

看護資格を保有して勤務していない潜在看護師という言葉をご存知の方も多いかと思います。日本は看護師不足という社会問題を長年にわたり解消できずにいます。全国にも50万人以上の潜在看護師がいるのではないかと言われています。

この潜在看護師が職場復帰をすればこの社会問題もかなり解消することができるのではないかという事も同時に模索されていますがそう簡単にもいかないようです。その大きな理由は医療の進歩のスピードが非常に早く職場復帰したときの自分のスキルが追いつかない事を不安に思い躊躇ってしまう、人材不足の中勤務する事でのシフト負担や長時間勤務等への不安が大きいということが有るようです。

しかし昨今ではその辺の不安を解消して、求人の入り口を増やそうという動きが出てきているのも事実です。例えばブランクから職場復帰した時の研修制度の充実、短時間の勤務を選ぶ事ができる求職情報等です。

病院の制度や勤務条件の改善への姿勢をチェックする

求職者としましては病院や事業者側も看護師獲得のために勤務条件にの改善に歩み寄った雇用者を選びたいものです。事前に情報を集める場合にもこの様な制度がしっかりあるか、若しくは全くそのような取組はないかといいった所に着目して求人を探す事が非常にポイントとなるかもしれません。

看護師は基本的に復職をしやすい職業の1つです。働き始めた後に職場での負担が予想できる職場よりも、受け入れ体制や福利厚生、教育制度の充実が備わっていて、安心して復職ができる職場を選んでいきたいものです。しっかりとそのような職場を選ぶ事が長く働ける場を選ぶという事にもつながりそうです。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。