看護師の所定内給与における諸手当の種類

tuuchou

超過勤務である残業代や夜勤手当ではなく、支払われる給与の主となる給与を『所定内給与』といいます。所定内給与の内訳は基本給とその他の諸手当です。今回はその所定内給与の諸手当をいくつかご紹介しよと思います。

  家族手当

家族手当とはその名目通り家族がいる職員に対し支給される手当となります。例えば配偶者15000円、子供1人目4000円、二人目から5000円(但し18歳未満とする)といった様に自分からみた家族の立場関係でも支給条件が変わるというケースが多い様です。

家族手当は支給される手当の中では多い方ではありませんが、支給が対象となる場合は家族が複数人いれば2万円前後手当の支給を受けられる場合もあります。家族手当がある求人というのもチェックポイントになるかもしれません。

 

  役職手当

役職手当がつく職場は家族手当が付く職場よりも割合的には多いと言えます。例えば役職手当が付く役職の例としたは、総看護師長、看護師長、主任といった役職等があります。

他の手当と違い支給金額が高額であるという事業所も多くあります。その職場に入るときの立場や昇給の制度や回数、勤続年数の影響、役職手当が付く金額等に着目し事前に調べておくといいでしょう。

 

  資格手当

一番主な資格手当としては看護師手当で正看護師や准看護師といった資格の違い等また助産師手当等もあります。

資格手当を支給しなくてはならないという法的縛りがないため、資格手当はどの資格があればいくら位の金額が手当として支給されるかは様々で各病院や診療科によって一番大きく特色や差がでる部分とも言えます。

 

  交代勤務手当

度々問題にもなります、看護師の不規則なシフトに対しての手当です。時間外の勤務に対しては夜勤手当がありますが、それに対し勤務と勤務の間の時間が極端に減ってしまい休む時間を十分に取ることができなかった場合や詰まったシフトで体に大きく負担をかけた場合に支給されます。

交代勤務手当が支給される事業所は比較的他の諸手当と比べると多いとは言えません。しかし不規則なシフトでの負担に理解が有ることはその病院の大きなメリットです。

 

  通勤手当

通勤費用についての手当支給となります。通勤手当は課税対象となる基準が通勤手当の支給金額や車通勤の距離によって差があります。車以外の通勤の場合は10万円が非課税の目安となります。

通勤時間は短いに越したことはありませんが、不本意にも通勤経路が長いという人はチェックが必要かもしれません。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。