看護師の節約術、1カ月の飲み物代、1万円弱の可能性

  飲み物 ⇒ 持参 or 職場で用意 ⇒ 節約ポテンシャルは?

nomimono

お弁当を自作で持って行くことによりどの程度節約できるのかということを以前ご紹介しました。その第2弾ということで飲み物を節約すればでの程度節約が可能なのかということも記事位にしたいと思います。

suitou

食事代節約という場合でもチリも積もればでかなりの金額になることが予想されましたが、案外この飲み物代も結構な額となります。飲み物を1日にどの程度自動販売機やコンビニや売店で購入しているか、人によって違いますが・・・

人の体は一日に2000ml~2500mlの水分を体外に放出すると言われています。そして飲み物からの水分補給は食物等からの水分摂取の分を引いて大体800ml~1300mlです。

となると500mlのペットボトルを2~3本飲んでいるという計算になりそうです。

1日当たりの飲料コスト平均

mizu単純にコンビニで毎日150円のペットボトルを2~3本購入し続けると400円前後毎日お金を使う事になります。これが週5日出勤(4週8休)の人で換算しますと、約8571円月に使っている事に、年間にしますと10万円を超えて、102857円程になります。

月に8500円のコストとなりますと、国内旅行の温泉宿1泊2日の2食付きの激安プランも結構あったりしますのでそれに匹敵してしまいます。飲み物代を節約することで月1回温泉宿に泊まれる・・・と想像をふくらませたりしますと結構な額ということがわかります。

節約と言っても飲まないわけにもいかないので飲み物をどうするか

coffeeとは言え、実際に飲み物を飲まないわけにもいきません。。。弁当の場合は自宅で自作で持参といった代替案がありましたが、飲み物も同様です。方法は2つ程あり、水筒を持っていく、若しくは病院や勤務先に飲み物の粉やパックを用意しておいてそれを利用するかというところでしょうか。

水筒は車通勤という方であれば車の座席に置くだけですのであまり問題になりませんが、電車通勤という方は結構かさばって重さも有りますのでちょっと・・・という方も少なくないかと思います。

またコストに関しては水道水をそのまま飲めば無料ですが、それではあまりにも味気ないということで、お茶にするかコーヒーにするかまたはミルクティー等の粉を利用するかと大体の人がなるかと思います。

好みや1回に作る量等にもよりますが、大体1回当たり平均して5円~30円で済みそうです。高級なものを購入したとしても100円を超えるものはなかなかないのではないでしょうか。

節約のポテンシャル

仮に何も節約を意識せずに自動販売機やコンビニで150円500mlのペットボトルを出勤毎に3本購入している人が持参に切り替えると、月間9000円の節約が可能になります。

9000円というと1万円弱になりますので、結構な額になりますよね・・・少し無理やりな考え方ですが、、、月給が1万円違うともかんがえられそうです。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。