看護師の残業代をつけても良い時間や条件

  時間外勤務 + 看護師 ⇒ not サービス残業

face_r28_c11

当たり前の基準とは恐ろしいもので、その環境や雰囲気によく支配されます。残業をつけてもいいのか、いけないのか・・・はっきり話し合えれば良いのですが曖昧にされたまま、なんだか付けないほうが当たり前なのかなと・・・

そんな感じで過ごされている方も多いとは思いますが、実際は付けてもいいのでしょうか。どの病院や職場に関して特に言及することもできませんので、今回は法律的にはどの様になっているかをご紹介したいと思います。

基本的には労働時間は1日8時間を超えてはいけません。加えて、超えるとしても、変形労働時間制といった規定があり週間に40時間を超える場合は残業時間となります。昨今ではブラックク企業で働き詰め + 使い捨てといった背景がやっと浮き彫りになってきていますが、病院や看護師も職場によっては例外ではありません。

看護師のブラック病院を抜け出る勇気

ブラック企業やブラック病院がその職場で残業代を未払いにしたり法的にも超過労働をしいいても平気な背景には、その職員が辞めないだろう、若しくは他に行く所も無いだろう、それが当たり前といった安心感があります。

確かに、ある職種に限って言えば一回正社員を辞めるとつぎの職場にこまるといった職業もあるかと思います。しかしあらゆる職業の中で看護師は再就職にそれほど困らずに転職が可能な職業の一つです。

長期的な視点で観た時に今の職場を辞めるべきか、昇進やスキルを総合的に考えて我慢すべきか、若しくは超過労働について直訴すべきかの答えは難しい所でもありますが何か今と変えるという行動はしやすい職業かもしれません。

法的な残業代をつけて良い時間についてしっかりと話し合う事も必要です。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。