看護師の変形労働時間制、一週間に働いて良い労働時間数は40時間

  一週間で働ける時間 + 変形労働時間制 ⇒ 40時間

9ji

労働時間に関しまては、法律と現実の乖離を否定できないという人は少ないかと思いますが、一週間に働いて良い時間はどの程度なのでしょうか。

法律では、一週間で働いても良い時間数は40時間と定められています。これは看護師に限りませんが仮に一日8時間働くと週休2日で5日勤務で40時間といった計算です。しかし夜勤の勤務等が入り2交代制、3交代制と不規則なシフトが組まれる職場や残業が多い雇用形態となりますと、1日8時間といった勤務時間を安定させることが難しくなります。

そこで1日の勤務時間が8時間を超えたとしても、1週間で辻褄を合わせればOKというのが、変形労働時間制です。この変形労働時間制はその日に働く時間数が8時間を超えたとしても、1週間で40時間内に合わせれば法定時間内とする制度です。

看護師の残業の現状

看護師が働ける場所や種類は他の職業よりも多岐に渡り、病院だけが職場ではありません。故に残業が多い職場、全く無い職場、あったりなかたりの職場と様々です。残業のみを基準にするのもどうかと思いますが、あまりに多いの負担となります。

看護師の調査では看護師の月平均の残業労働時間は24時間前後と言われていますが、これを1日平均にすると、1.1時間、約1時間と6分となります。残業が全く無い職場と多い職場を平均化した数値ですので、多い職場は極端に負担が大きくなります。

職場の候補を決める要因の一つとして、残業時間を調べるというのは大切な事かもしれません。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。