失業給付金計算機!雇用保険で貰える金額は?

hwkeisan

看護師にかぎりませんが、失業してしまった時の失業給付金についての計算についておおまかにご紹介します。数値をご入力いただくことでおおまかな日額、月額、給付期間を満了した場合の総額が自動で算出されるように作りました。何かの参考になれば幸いです。

失業給付金は自己都合か会社都合かで支給開始等の条件が変わりますので細かい情報はハローワークサイトでご確認お願いします。

年齢ごとに計算値が変わりますので、始めに下記5種の計算機からご自身の年齢に当たる計算機をお使いください。次に離職前の6ヶ月分の賃金をご自身で合算し入力下さい。その際残業代等の諸手当は入りますがボーナスは入れずに計算してください。

最後に給付期間をページ下部の表を参考に入力していただくと、おおまかな失業給付金の参考値が自動で算出されます。

年齢別失業給付金計算機

  一つ目:過去6カ月の合計賃金を確認して入力

失業する前の過去6カ月間の合計賃金を入力してください。残業代や諸手当はこれに合算してください。但しボーナスは合算せずに除いてください。

  2つ目:給付日数期間を確認して入力

2つ目は下記の表を参考に給付される日数を確認して代入してください。この給付日数期間は少し複雑で辞めた理由が会社都合なのか自己都合なのか、被保険者であった期間、年齢等により変わります。最低でも90日間の給付期間があります。その後は条件により120日、150日、180日・・・と30日ごとに給付期間が設定されているようです。

heroworkkyuufukikan

  3つ目:離職時の年齢を確認する

失業給付金は年齢によって給付額が変わります。例えば離職前の賃金が高いほど給付される額は大きくなりますが、ある一定以上の金額に達しますと給付率が下がり、さらに離職前の賃金が高くなりますと上限額に達します。それが年齢ごとに基準がちがったりします。このため年齢ごとの参考値を算出する計算機を作りましたので給付金の参考にしてください。

(平成25年8月1日現在)  基本手当日額上限額
30歳未満 6,405円
30歳以上45歳未満 7,115円
45歳以上60歳未満 7,830円
60歳以上65歳未満 6,723円

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。