ドクターヘリのお仕事、フライトナースの求人募集の探し方

  フライトナース ⇒ ドクターヘリ導入の求人 + 経験の流れを作る

search_ss【フライトナースのオススメ一般求人情報サイト】 ⇒

 ◆1位 メディカル・コンシェルジュ ◆2位 ナースではたらこ  ◆3位 看護のお仕事

ドクターヘリで飛び回るフライトナースになるにはある程度の経験が必要です。だからといって諦めてしまうのも早計でしょう。どの様な経験が必要かと言いますと、ドクターヘリで緊急的に現場bへかけつけ、不安定な状態の患者さんを扱うことがほとんどのため救命医療の経験が最も必要となります。

ICU等の経験が既にあるのであれば、それを前提としてドクターヘリが導入されている病院を選びフライトナースの募集がないかを中心に求人情報を探してもらうという方法が一番でしょう。

またもし救命医療の経験が不足している場合であっても、ドクターヘリが導入されている病院へまずは救急看護等の仕事で経験を積みながら機会をもらうというのも一つの方法です。

いづれにしても将来設計や目標の話を含めた、雇用主との交渉がある程度必要となりますのでMC─ナースネット(メディカル・コンシェルジュ)  ナースではたらこ  看護のお仕事といった大手人材紹介会社を上手に平行してまずは条件に見合う求人があるか、またはフライトナースになれる流れをどのように作る事ができるのかを相談し始める事が重要です。

フライトナースへの道順

dchel

病院にもよりますが、フライトナースは常にドクターヘリに乗っているわけではありません。病院には常に何人かのフライトナース、つまりドクターヘリに乗ることができる看護師を待機させシフト制で月に何日かのフライトを担当します。

例えば10日程の担当があれば、その他の日は救急看護の認定看護師として院内の救急救命センター等で働くといった勤務になります。

この様なことからも、病院に勤めながらチェンスを伺うというアプローチがフライトナースになる道のりになることがわかります。

 

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。