病院寮のメリット・デメリットとは

  経済性をとるか、プライベート重視にするかが分かれ道

shataku

メリット

  • 勤務時間と生活のサイクルがくるいにくい
  • 病院でわからないことや新天地での情報を得やすい
  • 生活費がとにかく安く済む

デメリット

  • 例えば先輩看護師と一緒になることで、人によっては息抜きにならないことも
  • 結婚していると入寮できない
  • 入寮できる年数等が決まっている
  • 部屋が少し手狭な場所も多い

最も大きな違いは経済的な部分かもしれません。寮費は1~2万円といったところが多く生活費をとにかく抑えることができるという点かもしれません。また、入職したてといった頃に仕事での不安を先輩等にききやすい環境でもあるのでその辺のメリットもあるかもしれません。

最近ではとてもきれいで、オートロック、オール電化、警備員付といった普通に自分で借りてすむよりも全然良いといったところも少なく無いので探す価値は十分にあるでしょう。

デメリットとしてあげられる最大のポイントはプラベートな環境が少し損なわれてしまうということでしょう。仕事のオンオフは必ずはっきりと分けて考えたい、恋人等との時間を大切にしたい。またなんとなくずっと病院にいる様な感覚を少し覚えてしまうという人もいるようです。

なんとなく寮からスタートしてもいいという人は最初の少しの間に試しに寮で過ごす事で周囲の環境の情報がてに入りやすくなったり、またお金もかなり溜まる様なのでその辺を考慮して選択するのもいいかもしれません。

病院寮のデメリットを改善した借り上げ寮という存在

病院寮も悪くはないのですが、病院寮のデメリットの『プライベート』の部分を克服した借り上げ寮というものがあります。

借り上げ寮とは >>

 

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。