病院見学に行くときの服装や髪の色(黒髪?)そして靴に注意

  病院見学から面接は始まっているので面接時と同様に無難 + 音があまりでない靴

病院見学時にどの様な格好をすればいいのか?という問題です。

この基準は面接に行くときの服装と同様の格好を基準にするのが一番無難とも言えます。

つまり髪の毛が染まっていれば黒髪で、服装はスーツ。

事前練習といった感じです。

自己アピールはもちろん大切な事ですが、看護師はファッションで自己アピールして評価される職業ではありません。美容院やタレント、ファッションのショップ店員の様にファッションが自己アピールとしてのポイントとなればそれも良いのですが、病院内のルールを守れるというところを主張するためにも「無難」な格好を基準にするのが一番です。

shuukatu

雇用先や病院見学を案内してくれる雇用先の担当者によっては例えばGパンやワンピースの様な服装で無ければOKといった意見も有るようです。しかし、この『担当者によって』というところが問題で面接官が少しでもそのようなところを気にする人であるケースを必ずしも否定はできません。もちろんスーツでなくてはならないという事はないでしょうが、『無難』の一言を追求するとスーツがベターということになりそうです。

病院でスーツは少し浮く

一つだけスーツで行くことで気になる点は病院でのスーツ姿は周囲から少し浮いた感じで目に入ってしまいます。これは仕方が無いことかもしれません。この様な理由からスーツでなくてもいいのではと考える人もいますが、目立つ目立たないという問題よりも一般的に理解があるスーツが無難と言えるでしょう。

もしできるとすれば、スーツの中に着るものをセミフォーマルよりに少し調整するといったところでしょうか。

靴に注意

意外と見落としてしまうのが、です。病院内を見学で歩き回るに際して音が激しく出る靴を履いていきますとバツの悪さが容易に想像できてしまいます。

方法としましては、

  • 白のスニーカーやナースシューズ等を別で持参する。
  • 靴音がなるべくしないパンプス等を履いていく。

といいでしょう。

病院見学の前に病院のホームページをチェックしておく

病院見学の時点で面接は既に始まっていると考えるべきで、服装はもちろん大切です。しかし、こちら側としてもその病院施設で働きたいかという事をしっかりと見極める必要があります。病院見学を案内してくれる担当者がどこまで見せてくれるかという事は担当者や病院によって違いがあります。

病院内を移動中に情報をできるだけ逃さない様にするためにも病院内の見取り図やチェックポイントを病院のホームページや看護部のブログ等があればそれを参考にして、予め準備しておきましょう。

ブラック病院の見分け方という記事でも紹介しましたが『現場に足を運んで実際に判断する』という事は最も大切な判断材料の一つとなります。面接の準備と同様に自らが気になる点を残さない様な準備が必要です。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。