ブランクが有るときの職場選びは大丈夫?そのチェックポイント

  新人の教育体制が整っている職場を教育体制で判断する。

教育体制とは主に

の3つです。ブランクがあれば誰でも復帰するに際して不安がつきません。そして転職をして新しいところで働き始めるとある意味誰もが新人となります。勿論ブランク期間にテキストを見返したりといったこともできますが、やはり働き始めてから現場で慣れる感覚やそこで吸収するものの量やスピードが重要となります。

そこで求人情報を観る際に判断基準として重要なポイントとなるのが、新人研修、勉強会、プリセプター制度です。特に3つめのプリセプター制度があるかないかといったところはしっかりとチェックしておく方がいいでしょう。

新人研修、勉強会、プリセプター制度を事前に調べるには

この3つを事前にチェックするにはどうしたらいいのでしょうか?

一番良い方法は面接等で直接聞いてみるということでしょう。求人情報の内容だけでは表面的な事はわかりますが、この研修が新人に向けたことかといった内容までは細かくわからない事が多いからです。

また病院等を訪れたとしてもわかりづらい内容となっています。面接であれば自分の技術面等を踏まえて話をすることができますし、内容に踏み込んでの質問も可能です。

それよりも前にとなれば求人サイトのコーディネーター等にお願いして情報を聞き出すのも一つの方法となります。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。