オンコール頻度が多い求人か少ない求人かは意外と落とし穴

  オンコールの頻度は面接の時の質問事項に加えましょう

まずはオンコールが有るか無いかといったことですが、これは求人情報や診療科、施設形態である程度予想がつきますし、記載があったりもします。

しかし問題はその頻度です。

オンコールの頻度が高いか少ないかでその労働環境がどのように変化するかは容易に想像がつきます。事前にしらされてそれを承知で入職した場合とし働き始めてから初めてそれがわかったというのは大きな違いです。

face_r28_c11

またオンコールの頻度まで記載をしている求人情報はほとんどありあません。

そのような聞きづらい質問は面接前にお仕事紹介サイトの担当者を通して質問をするか、面接時に質問をするのがいいでしょう。

質問の仕方としてはオンコールが月に何回有るかといった回数の数値を基準にするといいかもしれません。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。