専門性が高いスキルをアップ大学病院勤務の特徴

daigaku

専門性の高い最先端医療に触れやすい

  大学 + 病院 ⇒ 最先端医療の開発と教育

大学病院は勿論一般病棟と同じ役割を担いますが、開発や教育という側面も併せ持ちます。最先端の医療を送り出す場所でもありますので、他の勤務場所よりも勉強会や研修または吸収する内容が多いのも事実です。スキルアップを専門性のあるところで向上させたいという人はいいかもしれません。

 

勉強会や研修会が多くプライベートが犠牲になることも

  新しい医療の生まれる現場 ⇒ 知識の習得に時間を割く割合が多い

前述の通り覚える事が新しく入ってきますので、部署や環境によっては自分の時間を進んで投資しなくては行けない可能性がでてきます。プライベートをとにかく大切にしたいという思いが強い人は他の働き場所の方がいいかもしれません。

 

専門性が高いので幅広いスキルが身につかないことも

  狭く深い知識を吸収 ⇒ 一般病棟で使うスキルを扱わないケースあり

また全ての場所ではありませんが、一般病棟等でよく行われる採血や点滴といった一般的看護業務をあまりしあにという環境も大学病院ではあるそうです。そのような環境から一般病棟等の勤務地に身を移しますと、技術面で逆に足りない所が出てきてしまうということもあるそうです。

長期的な目標を据えて情報をよく手に入れてから転職活動をする方がいいでしょう。

大学病院勤務の探し方 >>

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。