看護師の転職、就職時に助かる支援金(雇用保険、お祝い金、支度金)の種類

転職における経済的支援は他にも多くあるかもしれませんが、本日はおおまかに有名なものを3種類ご紹介します。それが雇用保険、支度金、お祝い金です。それぞれ支給元、タイミングが違いますので求職中にチェックしておきましょう。

  雇用保険

ハローワークから受ける失業時の就職支援システムです。

タイミング:就職活動時

雇用保健が貰える条件は自己都合退職か否か、また収入、前職の職務履歴等で変わります。条件はハローワークで確認するといいでしょう。また就職活動の意思や就職の実績なども必要となります。

 

病院から受ける就職時の仕事始めの準備金です。

タイミング:就職時

ブランクが空いたり引っ越し等がありますと何かとお金がかかり働き始めの時はお金がなくて困ってしまうという人のための支援金です。病院側としても人材を確保しやすいという特徴があります。

一定期間の勤務で返還義務が生じない様ですが、そのへんの条件も入職前に確認しておいた方がいいかもしれません。

 

人材紹介会社から受ける就職におけるお祝い金です。

タイミング:働き始めて数ヶ月

お祝い金の額は人材紹介会社それぞれで、条件もまちまちです。最大◯◯円という記述がありますので、最大値を参考にすると良いでしょう。また求人案件や職種によって金額が変わりますので面接前にに求人サイトに確認しておくといいかもしれません。

働き始めてから数ヶ月という期間で支払いを受けることができるというケースが多い様です。

 

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。