精神科から一般科への転職は大変か?不安との向き合い方

看護師が働く科は色々ありますが、精神科は一般的には比較的特別な医療行為が少ない科です。救急的な慌ただしさも少なく、残業もそれほど多い方ではありません。それ故精神科に長く務めていると、一般科に転職するということに抵抗を覚えてしまうという方も少なくありません。

densya_silverseat

実際は精神科から一般科への転職はそれほど大変なものなのでしょうか?

現に精神科から一般科へ転職をすればそれなりのハードルがあるようです。精神科から一般科へ移ったものの覚えることの多さや残業時間等で余裕がなくなり結局また精神科へ戻ってしまうというケースも珍しくありません。

転職の判断基準は、、、自分の気持ちや考え方を最優先で

しかしどの科からどの科い移ろうと転職におけるハードルが全く無いということはありません。逆に一般科から精神科への転職であろうと覚えなくてはいけないことや仕事のプロとしてやりがいを感じるまでの道のりは同じ様な大変さが伴います。

また仕事を覚えるスピードや適応能力も先延ばしにするほど年齢とともに下がるのは確実です。精神科から一般科という枠へ飛び出すということはとても勇気がいることですが、精神科の枠を早めに飛び出して他の科でも働けるという知識と経験を身につけた事が看護師としての自分の可能性を広げかなりこころ強い軸になっているという方も多くいます。

協力

看護師としての道は一つの科での自分の知識やスキル経験を掘り下げるという選択肢と今いる科を飛び出して自分の可能性を有機的に押し広げるという選択をする人とがいます。そこで必要になるのがあえて辛い道を選ぶ場合の不安や勇気を押しやる、やる気の源を整理することかもしれません。

つまり何故転職したいのかということをできるかぎり明確にしておくといった事です。

転職する本来の目的や目標、何故その想いに至ったかを最初に起こる自分のハードルや辛さよりも大切にし、できる限り時間をかけてゆっくりと求人を探すという事が大切です。

精神科から一般科に移り、ある程度慣れ仕事ができる時に得られる充足感に可能性を見出すという選択は環境よりも自分の気持ちや将来への考え方を最優先にすべきでしょう。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。