合わない求人コンサルタントの担当者は自分で選んで変える

  人材紹介会社担当者 x 合わない ⇒ 変えてもらう

求人サイトの担当者(コンサルタントまたはコーディネーター)はどの様な人が担当してくれるのかというのは就職活動においてかなり重要な部分でもあります。求人サイトや人材紹介会社のメリットはその会社自体というよりも、担当の人がどれくらい自分の転職活動に良い影響を与えてくれる人かというところが問題になります。

しつこい

自分の置かれている状況や望む求人案件を親身になって提案してくれるのかという部分がかなり重要になります。つまり人間的に信用のおける人でなければ、求人サイトや人材紹介会社を使う意味が全くなくなってしまいます

しかし担当者の人がどの様な人かという部分は実際に担当になってもらわないとわかりません。

良い担当者を見つける方法

これに対する解決策は2つしかありません。

  

一つは複数の求人サイトを同時に登録し、フィーリングや自分の転職を成功させてくれる可能性の高い担当者がいる会社を選ぶ事です。

  

2つ目はその求人サイトや人材紹介会社の中で担当者を変えてもらうという方法です。

担当を変えたりすることはクレームを入れるようで悪い気もしますが、この先の自分の人生に大きく影響を及ぼす事でもありますので、しっかりと伝える事が必要です。

また自分の気に入った求人案件はその人材紹介会社でなくてはならないという場合もありますが、他の会社で目に入った求人案件であっても担当内であるというケースが多くあります。

担当者の方次第で転職の成功率にも影響を及ぼします。面接の準備やその求人案件の詳細な情報、他に見合う求人案件候補がないか、転職活動中の連絡のやり取り、話に食い違いが無いか様々な流れの中で担当者に頼る事にもなります。

多くの人がどの求人サイトが良いかといったことばかり迷いますが、実際に転職活動を開始して担当者がどの様な人かという部分はそれ以上にしっかりと選ぶべきでしょう。

転職活動に影響を与えるのはその会社の一営業マンのコーディネーターの方がどの様な人なのかというところに大きく依存するという事を忘れないようにしましょう。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。