離島や沖縄、応援ナースをするにはどこの紹介会社がいいか?

応援ナースとは希望する地域の人出が足りない病院や事業所に行って期間限定で働くというものです。離島での応援ナースはとても人気のある看護師としての働き方の一つとなっています。その理由は沖縄やリゾート地といった地域も選択肢としてあるため息抜きやリフレッシュが同時にできるといった側面もあるからではないでしょうか。

特に忙しさや人間関係、都会の生活に疲れたという方はそのギャップや環境に身を置くことで自分をい見つめなおし再出発できる環境が整っています。その上働きながら都会と違い、無駄な浪費をしなくても良い環境故に貯金にもかなり向いているそうです。

yuuhi

またある一定期間その地域に居住するということから、旅行では味わえない経験ができます。例えば沖縄等では地元の人しかしらないスポットやビーチといった情報を手に入れる事ができたり、休日や夜勤明けを利用してライセンスを取得するという人も少なくありません。

diving

応援ナースで現地で知り合った施設スタッフとはその後も連絡を取り合い現地に旅行に行く度に泊めてもらったり、ダイビングにいったりと応援ナースとして働いた後も楽しくやり取りができる仲間ができたりするそうです。長期的にみても一度は挑戦したい働き方の一つとして人気があります。

離島、応援ナースのデメリット

mapデメリットはフットワークがある程度必要となることではないでしょうか。家族で引っ越せるという状況があれば問題ではありませんが小さい子供がいるという場合は子供の環境を考え躊躇ざるをえないという事もあります。

生活の拠点を移さなければならないため、どうしてもそれがネックになります。

逆にその様な状況でなければ経験としてはかなり自分のためになった、これほど気分転換になったという時間は無いという人も少なくありません。

また運悪く職場での人間関係がどうしても合わなかったといったケースでも期間限定という建前なので長期に渡り悩むということも少なくて済みます。それでも半年や3カ月の予定だったものの、やりがいや居心地がよく一年以上に延長したり、正社員勤務に移行を希望するという方も少なくありません。

求人の探し方




応援ナースという性質上、求人は派遣会社や人材紹介会社を通さざるを得ないのがこの求人の特徴です。

離島診療所勤務の求人を探す方法でもご紹介しましたが、離島や沖縄といった応援ナースを探すには人材紹介のナースパワーを利用するのがサポートや情報量ともに一番でしょう。

というのも離島や応援ナースをする上でのネックがどうしても生活の拠点を変え引っ越しをするという問題です。ナースパワーではこの問題に対してのサポートが手厚いのが人気の理由の様です。

ナースパワーの4つのメリット

長期の旅行を計画するように楽しく求人を探す事ができる看護師ならではの特権といってもいいかもしれません。

>>離島や沖縄の求人をナースパワーで探してみる<<

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。