デメリットってある?看護師短時間正社員制度

  短時間勤務制度 x 看護師 ⇒ (基本給与 + 賞与) x 確認

singlemother

以前短時間正社員制度とは。看護師求人案件の掘り出し物?という記事で短時間正社員制度の事を少し説明しました。子育てや育児、自分のライフスタイルに合わせて短時間の勤務形態と正社員とほぼかわらない待遇を受けることができるできる便利な仕組みです。

多くの事業所や病院でこの仕組が導入されればそれだけ入職者としても喜ばしい事ですが短時間での勤務形態がとれるというところのメリットとそれに相反してデメリットなどはあるのでしょうか?

短時間正社員制度のデメリットととは

 一番の影響がでるところはやはり給与やボーナスといった収入の面でしょう。

 

看護という業務の性質上、短時間勤務という制度をいれれば、いつもは一人で良かった場所を1.5人~2人といった人材を置くことにもなります。そうすれば社会保険料等の事業者側の負担も増えますし、単純な支払わなくてはならない給与も増えてしまいます。

しかし病院や事業者側も人材を確保できないとそれも問題です。これからの高齢社会を考えると看護師をどれだけ確保し『7対1の看護』を保ち診療報酬のランクをどれだけ保つことができるかというところも事業者としては大切な求人のポイントとなって来ることは間違いありません。

短時間正社員制度が利用できる環境が進んでいる事も事実ですので、働く環境において短時間の勤務を希望するのであればその様な選択肢をとる事も有効な手段になるはずです。

 

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。