Step①~登録と準備(看護師求人の情報入り口を作る)~

step1_s

ここでは転職や就職活動における最初の一歩である【Step①】について解説します。

就職活動を行うに際して重要な事は比較選択です。まずはそのために求人情報がスムーズに集まりやすい環境を整える事が【Step①】の目的となります。

求人情報の集め方は大きく分けますと【インターネットを使った情報収集】と同僚からの口コミ、求人広告、自分で足を運んでみるといった【現場に足を運んで確認する】という2種類があります。

どちらにも長所短所がありますので片方の方法ばかりで情報を集めるというよりは、双方のいいところを使いなるべく多くの選択肢を集めるのがいいでしょう。

  ネット情報収集ハローワーク + eナースセンター + 求人サイト

まずインターネット上での登録ですが。下記の目次の様に、求人サイト、看護協会、ハローワークの3つでの検索が主になります。インターネットの最大のメリットは時間短縮と多くの情報を手に入れる事ができる点です。その半面、情報の信憑性には懐疑的にならざるを得ません。

そのためこれらの3つの情報を見比べる事がポイントにもなります。いざ面接を受けようとする勤務候補先に関しましては、後にできる限り情報が正しいものかをアナログな方法(現場い足を運ぶ等)で確認するということも失敗しないこコツです。

例えば、Aという病院が候補として気になったという場合は

求人サイトで調べ、看護協会の求人サイトで調べ、ハローワークでも確認してみる。その上現地に見学に行けるのであればそれに越したことはないでしょう。パソコン上で調べるのは時間がかかりませんが、アナログな方法はどうしても時間がかかります。

それ故

  インターネットを使った情報収集現場に足を運んでで確認

という順番が効率的です。

求人サイトは求職者の希望や就職スタイルによって、求人サイトの良し悪しやフィーリング、使いやすさ等の優劣があるため、3箇所程登録しその後使いやすいなと思ったサイトを中心に活用する方法がオススメです。あまり良くない方法としては1つの転職サイトだけに登録し就職活動をしますと、比較ができなくなりますので要注意です。

看護協会の登録も必須といえるでしょう。登録は少し時間がかか面倒ですが、求人サイトで見つからない案件や求人サイトで見つかった案件が看護協会にも無いかを確認することでサイトごとに雇用条件のずれがないかまた面接を受ける前により多くの情報を得る事が可能です。

ハローワークへの登録は事業所に行かなければなりませんが、ある程度の情報であれば自宅のパソコンでの検索が可能です。求人情報は掲載開始から時間が経ちますと実際とは違うこともあります。この問題においても同じ病院や事業者が求人サイトとハローワークに求人募集を同時に出していないかを確認する事で求人条件の信憑性が高まります。

check3

 

 

それぞれの登録方法や選び方は下記を参考にしてみてください。

求人案件の情報の仕入先は

  • 転職サイト
  • ハローワーク
  • 看護協会(eナースセンター)
  • その他(紙媒体の求人広告)

とありますができれば全てを使うに越したことはありません。特に転職サイト,ハローワーク、eナースセンター、の3つに限って言えばインターネット上ですぐに確認できるというメリットがありますのでどれか一つを使うのではなくなるべく全てを使い情報が入る様にしておくことがポイントです。

加えて転職サイトは自分の希望の職場を伝えることで、その求人案件が出る度に教えてくれるというメリットもありますのである意味半自動で情報を集めることができます。

登録時間(例:各サイト1分程度 x 3サイト前後

 

登録時間(例:検索サイトへまたは各事業所へ相談しに足を運ぶ)

 

登録時間(約30分程度

求人検索ページは一箇所にブックマークをして整理しておくと同じ病院名等ですぐに検索ができますので、下記目次項目にそって登録を済ませた後はブックマーク登録してからパソコンを閉じると良いと思います。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。