看護師転職サイト、人材紹介会社を使う上でのメリット

  人材紹介会社メリット ⇒ 入手難情報量 + 交渉サポート + 転職の可能性の拡充

転職会社や人材紹介会社を使うことでのメリットとはどの様な事があるのでしょうか。

転職

  様々な雇用パターンや病院の情報が手に入り比較しやすい

まず転職先の病院や事業所を探そうといった場合に必要になるのが情報です。情報の集め方は口コミ、広告、または近所で知っている等のインターネットを介さない情報と、検索システムを使ったオンラインの情報の二種類の情報の集め方がありますが、転職サイトや人材紹介会社での情報の入り口は後者になります。

転職サイトの情報量はハローワークやナースセンターと比べても何倍もの求人情報を検討することができます。現場の情報と合わせて自分の希望する病院の候補先を広く用意する上では有効です。また自分が転職サイトや人材紹介会社から案内された病院がマッチするかしないかに関わらず担当者に相談するというのはある意味客観的な視点を持てるのところが良い点でしょう。

一方で中立の意見が利害関係なしに聴くことができるという点からハローワークやナースセンターを利用するという人も多いようです。

 

  条件とキャリアを伝える事で求人案件を探してくれる

看護協会やハローワークといった公的に近いサービスと大きく違う点は、転職サイトも人材紹介会社も入職が成約しなければ収益をあげることはできませんので求人情報の提案に関しては積極的です。

情報が自動的に入ってくるので時間が無かったり、自分の環境やキャリアに合致した病院を効率的に探す事ができます。

しかしここでの注意点は、自動的に自分に合った候補の勤務先を提案してくれるということイコール楽に見つけることができると思ってはいけません。あくまで選択肢の一つとして新しい提案をしてくれ、自分の希望の勤務先を比較できる選択肢が増えたという感じに捉えることが重要です。

理由は看護師転職サイト、人材紹介会社利用上の注意点でも述べましたが、主役が自分であることを全面的に人任せにすることはミスマッチの原因を生むだけです。自分で探し、選ぶ手段や参考の一つとして転職サイトや人材紹介会社を頼りにしましょう。

 

  単発や期間限定の仕事をするには役に立つ

転職期間の間のつなぎや事情があって残業等ができないなどは単発や期間限定の派遣で仕事を探すというのも一つの方法です。そのような場合は人材紹介会社を通す方がいいでしょう。

  対外的な自分の評価を知ることができる

面接を受ける前に、ある程度自分の採用基準や雇用条件のマッチが把握できることは重要です。マッチしていなければ、どこを改善して面接に臨めばいいのかが事前にわかります。

最終的な自分の評価は面接を受けてみれば、結果としてわかることではありますが、求職者が病院を選びやすい目安や指針はあった方がいいかもしれません。ただ忘れてはいけないことはその担当者が信頼のおける人ということです。

人材紹介会社の担当者が何を言おうと、自分がピントきた病院の情報は集め、わからない場合はとにかく受けてみるという姿勢が必要です。鼻から完全否定する様な担当者の意見は参考になりませんので、自分でとにかく向き合って希望の事業所には向き合うことが一番重要でしょう。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。