院内託児所と保育園どちらがいいか?

  場所 + 料金 + 環境)×(職場での子育てへの理解) ⇒ 院内 or 保育園

子供を預ける場所が院内の託児所がいいのか、近隣の保育園にしたらいいのかということでしょう。

園児

  場所の利便性

まず注目すべきチェック項目はその施設の場所です。院内託児所は文字通り直ぐ様駆けつけられる場所にあるというのが特徴です。例えばこちらの平塚市民病院ですと『更衣室から1分30秒』で行けるといった事業所もあります。

それに対し、一般の保育園等は場所を通勤圏内に設定し探さなければいけないという事情もありあます。ナースの仕事と両立させる保育所の選び方でもお伝えしましたが、複数の保育所から選ぶ際も場所を一番の理由に探されているという方多い現状です。

 

  料金の比較

 

保育料

 

料金も託児所は月平均で1万5千円というところが多いのに対し、保育園は5万円前後となる場合も少なくありません。託児所は昼食やおやつを用意しなくてはならないところも多いですが、中にはおやつ込みの託児所というのもありますし(または300円/日)、仮にそれを考慮したとしても、託児所に預けるという方が割安になるといえるでしょう。

 

  環境

 

幼稚園

 

託児所は子供を少し広めの一室といった環境で預かるという雰囲気の環境が多いですが、保育園は遊ぶ場所やのびのび多少走り回ることができるという感じがあります。年齢が3歳前後となってきますと託児所の様な環境は少し狭苦しくなる感じになりますが、1歳前後までは逆に安心して預けことができるといった方も多いみたいです。

 

  病院内の子育てに対する協力理解

保育園に預ける場合は、急な子供の体調不良が原因で早退や欠勤がある場合に子育てに関する理解がどこまであるかという点が重要となります。院内託児所の中には、3歳までという条件付きのところが多くあるように3歳前後になりますと子供にとっては少し窮屈になるということは否めません。

事業内託児所があれば1歳~3歳前後を託児所に預け、その後保育園を探すという方法がオススメです。

160216_jokin151208_tanki

※1.一人あたりの平均登録社数は2~3社となっています。
※2.登録料、サービスには一切料金はかかりません。
※3.求人案件量は概算値で時期や非公開求人案件数により多少前後します。
※4.登録には住所、氏名、メールアドレス等が必要になりますが、登録時間は1社2分前後で完了できます。