看護師求人の待遇、損をしない為に重要な2つのこと

sagasu例えば、ハローワークでは有給ありと説明を受けたのに
いざ入社すると病気になっても有給が取れない!なんて話もよくあるので
面接で落とされるかもと思っていても、堂々と質問しづらいところですがこの辺はしっかりと質問をしたい項目です。

そして自分の希望通りの待遇の職場があれば万々歳ですが中々自分の希望に完璧に合った待遇でないとこも多く、結局職場が決まらなかったりします。

どうしても希望している職種しか探したくないのであれば希望の待遇が見つかるまで探すしかありません。もしくは希望を下げて我慢するという選択肢もあります。
最初が肝心でここだけは外せないと思う事は前もって問い合わせをしたり、面接時にたずねておいた方が良いとわかっていても、後々こんなはずじゃなかったのにと泣きを見る事も少なくありません。

また特に希望の職種はなく給料や勤務時間、勤務日数、福利厚生、待遇面などから探して自分の希望に合ったとこがあれば少し苦手な分野の仕事でも応募してみるのも1つの方法です。
やってみれば案外自分に合っている事もり、よほどの事がない限り石の上にも3年と言うように仕事も3年やってようやく慣れ始め理解し面白みも出て来る可能性もあります。

 正社員の求人情報で損をしない為に見落としがちな重要な2つのこと

しかしそれでも気をつけておきたいポイントはあります。ここでは数ある中から、見落としがちな重要な2点をご紹介します。

◎交通費は全額支給されるか?

例えば、神奈川埼玉千葉方面から東京へ通勤するような人たちは
絶対に気をつけるべきポイントです。
一ヶ月の定期代が2万円かかるのに、会社から支給されるのは1万5千円だった場合
1年間で換算すると6万円もの損失になってしまいます!
一方で、交通費が全額支給されればこの損失はあらかじめ防げます。

会社に足を運ぶのになぜお金を払わなきゃならないの?なんて気持ちでは
仕事へのモチベーションも低下しますし、押さえておきたいですね。

◎有給休暇はあるか、もしくはとりやすいか?

病気、葬式、レジャー、家族の体調不良などのために
どうしても会社を休みたい時は有給休暇があれば有り難いですよね。
ですが、ブラック企業ではそんなものは名前だけの存在か無いに等しい
環境であることが多々あります。

ワークライフバランスをとるためにはどうしたらいいのかをよく考える必要があります。

ゴールデンウィーク中のオススメ看護師求人

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィーク中だからこそ働きやすい看護師求人のの探し方についてご紹介します。

GWといえば誰もが休みたい時期ではありますが、だからこそ探しやすい看護師求人も少なくありません。というのも他の人が休みたいと思う時期だからこそ労働力が必要になるからですね。

ゴールデンウィーク中の病院や訪問看護の看護師求人

病院診療所やクリニックであれば連休をとりやすい病院もあるかもしれませんが、病棟勤務があるとなかなか休めない事情もありますよね。そんな勤務地に期間限定、しかもゴールデンウィーク中に働いてくれるとなれば、雇用側もかなり助かります。

しかし皆んなこの時期は休みたいとなりますと、人が集まりにくいという求人事情もあります。

普段よりも時給、日給などの給与を高めに設定している職場も多くあります。職場の働きやすさはもちろん重要ですが、短い期間で見定めるのは容易ではありませんので、求人広告に記載されている給与設定に注目してみましょう。

短期で働き易いイベントナースやツアーナースがオススメ

ツアーナースゴールデンウィークに休む人の連休数の平均は5日前後が最も多いお休みの期間だそうです。人によってはもっと長めに休暇をとり、二週間前後も休みをとるという方もいますよね。

日本ではこれだけ長めのお休みをとれるのは、お正月とゴールデンウイークしかない…と旅行やツアーなどに出かける人や、各地でのイベントも多くなります。

また、学生であれば部活動の合宿といった事ができるのもこの時期の特徴です。日本のGWについて長々と書きましたが、旅行者が増えれば旅行系付き添い業務のツアーナースの需要が増えますし、各地で開催されるイベントに対してはイベントナースの待機業務求人案件が増えます。

これらの求人案件は元々長期で同じ案件に携わる事がありませんので、ゴールデンウイークの様な二週間前後の時間を有効に活用しようとする時にもメリットが大きい看護師求人です。

実際にゴールデンウイーク中の看護師求人を探してみると

看護師求人を探す実際にゴールデンウイーク中の看護師求人を探してみますと、上記の様なツアーナースやイベントナース案件も多いのですが人気のある求人案件はすぐに埋まってしまう傾向があります。また求人サイトによっては短期の看護師求人を全く扱わない求人サイトもありますので注意が必要です。

短期の求人案件を探すのに便利なサイトでは、ナースパワーやメディカルコンシェルジュが有名です。求人が減る前のゴールデンウィーク前に求人案件をチェックしておく事がPOINTとなりそうです。

 

良い上司に恵まれそうな看護師求人を探すには

嫌な看護師上司

『親と上司は選べない』とは良く耳にする言葉です。この言葉の意味はあまり良い意味ではありませんよね。しかし逆に、良い上司を選ぶ事ができれば、自分の職場環境も改善される事は言うまでもありません。

例えば辛い看護師の仕事であっても我慢しながら働く事ができると言う例です。

ふつう

私が看護師として就職したところは、とても忙しく、休む時間もないほど、毎日働いていました。そのため、仕事に対して、このままでいいのだろうかと思うこともあったのです。
そんな時、同じ病棟で働いている看護師と、私が悩んでいる仕事のことについて、話すことができました。
すると、その看護師も私と同じように悩んでいた日々があったと、話をしてくれたのです。その時、私と同じように悩んでいる人がいると思っただけで、とても気持ちがすっきりとなったことを覚えています。
そしてその看護師も、その病院をやめることを、いつも考えていたことも知ることができました。
その仕事についての考えが、変わったのは、目指すべき看護師の姿を見つけた時からだそうです。

その時から、その人が行っていることに対して、真剣に学ぼうと思って、必死で頑張ることができたということでした。私はその話をきいて、本当にそうだと思うことができたので、その後、その話をしてくれた看護師の仕事について、学び少しつらい事があっても頑張る事ができました。

 

良い上司に恵まれない時の対処法

  情報収集を入念にして嫌な上司からは転職でさよなら

しかし前述の様に最大の問題点は良い上司、嫌な上司が選べない点です。職場の人間関係は看護師の離職理由のトップクラスです。どんな上司が来るかという点は運でもあるところなのですが全く情報が集まらないかと言いますとそんな事もありません。

ポイントなるのは離職率その他に付随する病院の雰囲気転職系エージェントから得られる離職情報です。( ⇒ ブラック病院の見分け方

現に今働いている職場の上司がとても耐えられないというのであれば転職を考えるのも1つの方法です。

良い上司にめぐり会えるのが『一期一会』であればそれと同時に嫌な上司に合うのも『一期一会』です。人との出会いは特に新しい場所や環境に身を置かなければ起こりません。特に看護師という職業は転職や離職が多い職業です。我慢を続けるよりは新しい環境に身を置く事も視野に入れるのも良いでしょう。