ツアーナースへの転職と求人募集、正社員?派遣?アルバイト?

看護師として働き始めると既に懐かしい感じがしてしまう修学旅行。ツアーナースとして一番多いのがこの修学旅行等に同行する求人です。参加者の体調が悪くなったり、怪我等の初期対応を行うのがツアーナースとしての仕事です。

img

修学旅行の時に帯同してくれた看護師さんに憧れて看護師を目指したという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ツアーナースのメリットはなんといっても旅行をしている人の楽しい時間の中で仕事ができ、その旅行過程を共有でき、様々な出会いがあり、そして頼りにされることです。

header

一般病棟と違い、同じ空間で同じ同僚や上司との長い付き合いもないために煩わしい人間関係に悩まされる不安もなく、いつもリフレッシュした気持ちで働く事ができます。ツアーナースとして働く人の中には年間に3000人~4000人の出会いに恵まれ旅行中の楽しい時間を共有できることが魅力の様です。

ツアーナースは正社員募集もあるか?

imgツアーナースは正社員案件も中にはありますが求人情報が豊富とはいえません。それ故正社員でのツアーナースを希望するという場合は求人情報ができる限り多く入ってくる環境を整えておく事が重要です。

給与額は正社員と派遣で大きく違うということもありません。しかし日給になるか月給かといった所も大きく違います。保証や安定的な仕事環境を整えたいという場合は正社員雇用の求人案件を探してみるというのも一つの方法です。

また派遣で働いている期間中に正社員への声がかかるという方もいますので、始めは正社員ではなくとも後々チャンスをつくり仕事の環境を整えるというのも一つの手でしょう。

仕事の感覚を取り戻すにも

taionkei病院勤務の現場に戻るの前に生活や仕事の感覚リズムを取り戻さなければ不安という方もアルバイトや派遣から始める選択肢があるということで人気があります。

看護師として働いていたけれど育児や様々な理由によりブランクが空き感覚に自信がなくなってしまった人がリズムを取り戻したいという場合にもツアーナースは適している様です。

ツアーナースの求人情報を集める方法

search_ssツアーナースとしての求人を探すには、季節のや時期によって仕事に波があるため一定の仕事を受けるには人材紹介会社が不可欠です。一般の求人案件とは違い求人案件数も少なく派遣形式が多いのが特徴です。3社位の会社を併用してツアーナースとしての仕事の情報の入り口を作っておく方がいいでしょう。

人材紹介の会社は数多くありますが、ツアーナースの案件を扱っている求人会社はそうたくさんありません。ツアーナースを探す際に役に立つオススメ求人サイトは以下の会社があります。

1

 img

2

3

また雇用条件や仕事内容は普通の病院勤務とかなり異なる部分でもあります。例えば依頼主と事前の打ち合わせがあるかないか、小学何年生の何人いて修学旅行か、または企業のレクリエーション旅行、ハイキングコースなのかといった細かい内容も事前確認する場合もあります。

MC─ナースネットナースパワーメディカル・プラネット

まずは試しに登録し、ツアーナースの求人案件がある時期なのか、どの様な仕事内容でといった詳細をきくところから始めるのが第一歩となります。

看護師転職理由ランキング?第1位はやっぱり…

転職を考えたことがあるか

看護師に『転職を考えたことがありますか』というアンケートでは、『転職を考えたことがある』と答えた看護師さんは全体の86%という結果がでました。

結婚や育児、スキルアップなど様々な理由があるなかで、その中でもダントツの理由としてあげられるのが人間関係です。

人間関係は様々ですが、仕事上チームワークが多い上に患者さんと上司の間で板挟みになってしまう…とった状況が多いようです。具体的な転職理由のランキングを順に見ていきますと、

看護師さんの転職理由ランキング

 

1位 上司や先輩との人間関係でうまくいかなかった。

2位 もっとスキルを磨きたくなった。

3位 全く他の分野に挑戦してみたくなった。

4位 給与面で不満があった。

5位 同期や同僚、後輩との人間関係がうまくいかない。

6位 育児を優先しもう少し融通の効く職場に移動したかった。

7位 結婚しひとまず今いる職場を移りたかった。

8位 医師、ドクターとの人間関係がうまくいかなかった。

9位 もう一度勉強をし直すため進学したかった。

10位以内に人間関係の悩みが3つランクインしていることがそれを表しています。

人間関係の悩みは尽きる事は無いと言われますが、それでも和気あいあいとした雰囲気が多い職場と殺伐とし嫌な雰囲気の職場というものは実際にあるものですよね。この様な情報はできる限り事前に集めたいものですが、中々の入職してみないとわからのものです。

それでも事前にできる方法は

  実際に希望の就職先に足を運んで雰囲気を確かめる。
  求人サイトの担当者に離職率等の情報を聴く。
  事前に自分のスキルに見合うかを見積もる。

等があります。他にもあるかもしれませんができることはしておきたいですね…