看護師派遣求人単発から超短期アルバイト、採血スキルは便利

  採血スキル + 単発登録制 + アルバイト x 高時給 + スケジュール優先

健診センターなどによく多いアルバイト内容となりますが、採血に自信があると短期や単発の仕事がで不定期でも入る事ができ、ブランクが空いた時などにかなり便利になります。中長期といった雇用形態もありますが、登録制で自由な時間を設定できるという事業所が多い様です。

saiketu

仕事を受ける流れとしては求人案件がその時々でまちまちという状況から、看護師の派遣を含んだ事業をしている人材紹介会社に登録し、自分の空いた時間等を伝えエリアや雇用条件を確認したうえで紹介してもらいます。派遣等の短期勤務や単発といった仕事を紹介してもらうにはMC─ナースネット(メディカル・コンシェルジュ)
が便利です。

給与は時給で2000円前後の所が多く交通費もしっかりと支給されるといった勤務も珍しくなく、他の派遣や単発の勤務に比べかなり高時給です。採血のスキルを持っているという人は勤務の選択肢が広がりかつ残業等はあまり多くなくスケジュールを細かく調整できるのでいいかもしれません。

勤務場所によりけりですが自分で用意するものとして、ナースシューズや白衣、昼食といったものが各勤務場所で違う事がありますのでその辺もチェックしつつ臨む必要があります。

 

健診

健診センターは未経験でも可能、大丈夫?検診は採血が鍵?

  健診センター + 未経験 ⇒ (採血 + スピード) or 他業務

健診センターで働く場合未経験でも可能なのでしょうか?健診センターでは最も求められるのが、採血の技術となります。短い時間で多くの患者さんの対応をしなくてはいけないというのが最大の理由です。

saiketu

しかし健診センターでの求人ではこの採血の技術が高く求められる求人と未経験でもOKといった2種類の求人がある様です。未経験でもOKという場合には段階的に難易度の高い採血をある程度ステップを踏んで研修させてくれる勤務地、または採血以外の仕事を中心として任せてもらう勤務地とがあります。

この事前に求められるスキルはその事業者の看護師配置の人数やその日に健診しなくてはならない患者さんの数とスピード等により大きく変わります。ただステップを踏んで採血の技術の様子見をしてくれるという様な勤務地でも採血の技術に強く不安を覚えているという人は避けた方が良い勤務かもしれません。

健診センターの面接を受けるときの注意事項

採血が健診センターで働くと時の大きなポイントとなることは前述しましたが、面接を受けるときの外せないポイントもここにあります。採血のレベルがどの程度で未経験でも可能かどうかというところを忘れずに話す事が大切です。

現場に行き話が違ったということになりますと怒られたり、足を引っ張ったりと居心地が悪く失敗することにもなってしまいます。

スピードや経験に不安があるという場合は可能かどうか、どの様な状況で勤務するのかといった事を出来る限りずれが無いように確認しておきましょう。逆に言えば健診センターでは数多くの採血を短時間で行う技術が飛躍的に伸びます。

ある意味自信がつき、次回の勤務では重宝される存在にもなりやすい仕事の一つでもあります。最初からエキスパートという人は誰一人としていないので挑戦してみるのもいいかもしれません。

健診

健診センター、健診会社の看護師求人を探すには

期間限定で一定期間働きたいといった場合にも有効なのが、健康センター等で定期的に出勤ができる健診の看護師求人を探す方法です。

病院やクリニックといった求人の場所よりも比較的辞めるのに抵抗も少ないということから期間限定での働き方にも合っています。健診の求人案件は登録制というところも多く、その仕事ごとに呼ばれるというところも少なくありません。

派遣会社に登録し仕事を紹介してもらうという方法が必要となります。

例えばナースパワーという人材紹介会社では、『健診ナース』という形でこの健診求人を紹介しています。

kennshinn

その他にはMC─ナースネット、ナースフル、といった会社が健診センターや健診会社の看護師求人案件を探すのに便利でしょう。

健診ナースとして働くときのチェック項目

健診センター等で働く場合に気をつけるチェック項目は、単発のアルバイトなのか、登録制で継続的に仕事に応じて連絡がきてその都度看護師として派遣されるのか、契約期間等の縛りがあるのか正社員勤務かアルバイトなのかといった部分が様々なケースがありますので、まずはその辺を最初に確認する必要があるでしょう。

また給与等もスキルによって変わってくるという場合も少なくありません。ルーチン業務内容が多いので慣れてしまえば新しく覚える事も少ないと言われていますが、入職や契約時点で自分のスキルと現場でやらなければならないこととのギャップを確認しておくことは必須です。

環境から採血等のスキルも格段に上がったという方も多くある意味特定のスキルアップには良い環境とも言えます。